江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS REALLY?REALLY!(2)+ドルアーガの塔第二期第1話感想

<<   作成日時 : 2009/01/12 10:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

リアリアも2巻で最終巻です。

原作は18禁ゲームでも、作中はエロなしのシリアスな展開です。
原作では時雨亜沙の母親、亜麻が娘とBFのエッチの手伝いをしますが、亜麻とネリネの母親セージが一緒になってお風呂場で凛を洗ってます。
見所はこれくらいかな?

ドルアーガの塔。第一話感想。

てっきり今年の夏くらいに放送されると思っていたのに、1月に放送されるとは思いもよらなかった。雑誌をチェックすればわかったかもしれないのに、失敗した。

公式HPのあらすじから。
ドルアーガ討伐から半年——。討伐の手柄は、ギルガメス王のものとなり、真実を知るかつての登頂者たちはそれぞれ日々を過ごしていた。ジルは、ニーバとカーヤが「幻の塔」に消えたショックから立ち直れないでいる。宿屋に居候し、引き込もりの日々を過ごすジル。そんなジルを、観光ガイドをやりながらも、時にやさしく時に厳しく見守っているファティナ。そんなある日、二人は軍隊に追われる少女カイと出会う。

なんで討伐の手柄がギルガメス王なんだ?あの爺さん動いてないのにと思いました。
実は重臣が登頂者たちを見下しており、手柄をやるのが嫌だったようです。権力者ってのはこれだから腹が立ちますね。ケルブはそんな彼らに腹を立て、軍を辞めて宿屋を経営することになりました。結構板が付いてますね。
ジルはケルブの宿屋で引きこもり。一度落とされた後、塔に再度登ったようですが幻の塔は消えていました。

原作でもイシターを殺したり、ドルアーガを斃しても必要なアイテムが揃っていないと落とし穴に落とされます。さらに裏面も存在し、アイテムの出し方も若干変更されます。

ファティナはニーバが好きだったけど、手ひどく裏切られており、同じくカーヤに裏切られたジルに傷を舐めあうような感じです。ふたりは見世物小屋でバトルショーを見物していました。そこへちびっこが登場。どうやら軍に、特に黄金騎士たちと呼ばれる権力を笠にしてやりたい放題な連中に追われていたようです。
そこをウトゥが助けてくれました。ジルは初めてウトゥの素顔を見て驚きます。ファティナは笑っていたので、素顔を知っていたようです。

ちびっこカイはジルに幻を見せました。そこにはカーヤが岩壁に磔にされ、胸を剣に刺されて死んでいました。その横には若き日のギルガメスでしょうか?
カイはこの未来を変えたければ自分を塔のてっぺんに連れて行けといいます。

第1期ではニーバとカーヤが幻の塔にふたりで登ります。最初はなぜ彼らが裏切り、ふたりだけで塔を登ろうとしたのかわかりませんでした。でもふたりの道は険しいはずです。
ニーバは道中でもジルに引き返せと忠告してきました。ふたりは異母兄弟ですが、ニーバはジルを気にかけていました。第1話では自分のパーティにジルを入れてましたが、2話でくびにしました。それでもジルが心配なのか、見守ることが多かったです。せめて引き換えしてくれれば裏切らずに済んだと思います。

あとギルガメス王のことです。彼は第一期の最終回で重臣のマーフを殺害しています。そして自分がブルークリスタルロッドを所持しているかのような発言もしています。
ギルガメスは第2話でパズズという男に短剣で胸を刺されました。ところが第三話では冒頭でいきなり目を開きます。死んでいなかったのです。
ギルガメスは死なないというより、死ねない人なのでしょうか?
カイもドルアーガの塔で幽霊みたいな存在です。ドルアーガの腹心であったサキュバスとも仲がいいのか悪いのか、傍観者のような立場をとっています。

あと第一期でジルのパーティにいたメルトとクーパはどう絡むのでしょうか?新しいパーティはジルとニーバのパーティだったファティナとウトゥ。新キャラのちびっこカイとヘナロというボウガン使いの少女です。公式で見るとジルの登頂に巻き込まれたようです。なんかヘッドギアが昔観たNG騎士ラムネ&40の主人公に似ています。

そうそうOPは前回と同じく学園物です。これだけ見てたらファンタジー物ではなく、学園物に見えますね。


Really? Really!-REMEMBER MEMORIES- (2) (角川コミックス・エース 118-9)
角川グループパブリッシング
Navel

ユーザレビュー:
完結です 本編よりカ ...
あれ!? 最初のペー ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

REALLY?REALLY!(2)+ドルアーガの塔第二期第1話感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる