江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔法先生ネギま!?第3巻感想

<<   作成日時 : 2009/06/19 15:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

おそらくこの巻から従来の赤松ファンだけでなく、新規ファンを取り込んだ巻だと思う。

一巻まるごとエヴァンジェリンとのバトルだからだ。ネギの最初に立ちはだかる壁ともいえた。
エヴァンジェリン、通称エヴァは吸血鬼の真祖で歴戦の魔法使い。15年前、ネギの父親サウザンドマスターによって呪いをかけられ、以来女子中学生として暮らしてきた。
エヴァの詳しい過去は麻帆良祭のまほら武道会までおあずけだが、ネギとの戦いは手抜きであった。ある意味ネギと遊んでいるようであった。

ネギ自身エヴァのような魔法使いがいるとは夢にも思わなかっただろう。
従来の赤松ファン、ラブひなからファンになった人でも驚いたと思う。私がそうなので。
エヴァのパートナー、絡繰茶々丸はトゥハートのセリオとか言われるけど、作者曰くモデルはゼノサーガのもっこすらしい。闘うシーンはまさにもっこす。覚醒すれば邪神の力に目覚めるのではないだろうか?魔法世界では彼女は魔力で人間になったりして。ありえないと思うが。

もちろん、バトルだけでなく合間に息抜きもあります。女生徒たちにおもちゃにされてこそネギです。10歳だから嬉しいと言うより怖いと思っているでしょう。正直、ネギが羨ましいと言うより可哀想としか思えません。
この巻でネギの相棒、おこじょ妖精のカモが登場します。
そしてパートナーの仮契約としてカードが登場します。これのおかげでCDのおまけにカードがついてきました。
明日菜のときは完全にネギのドジでばれました。エヴァと茶々丸は最初から知っていました。茶々丸の製作に関わっているチャオや葉加瀬も知っているでしょう。もっともネギがそれを知るにはまだ時間が掛かりますが。
長瀬楓の場合はネギが杖で飛行するところを見て魔法使いと判断しましたが、自身も忍者なので深く追求しませんでした。魔法バレは6巻までお預けです。

4巻からはラブひな時代とはまるっきり違う世界が待っています。


魔法先生ネギま! (3) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (3311巻))
講談社
赤松 健

ユーザレビュー:
重要ですよ?一巻丸ご ...
敵か味方かエヴァンジ ...
ネギま最高!主な人物 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

魔法先生ネギま!?第3巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる