江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔法先生ネギま!第6巻感想

<<   作成日時 : 2009/06/23 18:57   >>

トラックバック 1 / コメント 0

私がネギまの感想を書くことにしたのは理由があります。ネギまのODA全3巻を一気に観て、もう一度一巻からネギまを読もうと思ったからです。

ネギまは今26巻出てます。私は第1巻から買い続けてますが、あまりに巻数が多いので、つい忘れた部分もあります。今回はそれを思い出すことができて楽しいです。
感想は一日一冊。一気に読むのもいいけどじっくり読んで感想を書いたほうがいいです。

長かった修学旅行編も6巻でおしまいです。もっとも麻帆良祭や魔法世界にくらべれば短いですけどね。当時でもまさかあんなになるとは思いませんでした。

6巻ではクーフェイと長瀬楓、龍宮真名、綾瀬夕映に魔法がばれました。
ただし楓は3巻でネギの正体を知りましたが、あえて口にせず。龍宮は刹那とよく仕事をしているし、かつては魔法使いのパートナーだったことから最初から知っていたでしょう。

今回は刹那と木乃香に仮契約しました。以後、誰と仮契約するか楽しみにしてましたが、五人目は結構時間がかかりましたね。
声のクラスメイトでは初回限定でパクティオーカードがついてました。
神楽坂明日菜。
近衛木乃香。
宮崎のどか。
椎名桜子。
長谷川千雨。
佐々木まき絵。
葉加瀬聡美。
桜崎刹那。
雪広あやか。
エヴァンジェリン・AK・マクダウェル。
鳴滝風香・史伽。
朝倉和美。
このうち仮契約してないのは、桜子・まき絵・葉加瀬・あやか・エヴァ・鳴滝姉妹。
契約するのは図書館探検部のパルにゆえ。そして楓の9人です。
木乃香は刹那と仮契約し、ネギとは別のデザインのカードが出ました。
あと幼少時の龍宮に、別の人と契約してる春日美空、アルビレオ・イマにジャック・ラカンなどクラスメイト以外にもいろいろカードが出てます。

6巻の感想がずれました。
ネギまの世界では石化は高度な魔法であり、カタギに手を出さない証のようです。
修学旅行編では実質ボスキャラのフェイトはあまり人を殺すことには消極的ですが、絶対殺さないわけではないです。
木乃香の力で召喚された鬼たちはあくまで命令にしたがっているだけで、悪意はないです。
ただ最後にエヴァに助けてもらうのは盛り上がったか、下がったかのどちらかでしょう。私は盛り上がりました。
サウザンドマスターの昔話などいろんな情報が得られてほくほくでした。
ただ修学旅行編では従来の赤松ファン以外に、バトルが好きな一般読者も獲得しました。
ラブひなは全14巻出ましたが、ネギまはその倍は軽くいってます。
クラスメイトと同じ31巻で終わるのではとファンの間で噂されてますが、人気があれば31巻以上続くでしょう。


魔法先生ネギま! (6) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (3392巻))
講談社
赤松 健

ユーザレビュー:
クライマックス!いよ ...
こういう健気さに弱い ...
戦いまくり!西洋魔法 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ネギま!関連サイト巡回(06/23)
■「江保場地獄」さん「魔法先生ネギま!第6巻感想」 ...続きを見る
ネギま!部屋(楊さんのページ別館)
2009/06/23 21:58
魔法先生ネギま!第6巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる