江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔法先生ネギま!第7巻感想

<<   作成日時 : 2009/06/24 16:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日、北海道ではフェリーの影響でマガジンが発売されませんでした。いままでマガジンは木曜発売でしたので、気にしてませんが。

長い修学旅行の後は学園パートが始まりました。
バトルはエヴァが弟子入りの条件に茶々丸と戦うくらいです。
いろんな情報が入って楽しいですね。

7巻では人気はあるけど突っ込んだ話がないまき絵が中心です。
まき絵はネギのことが好きですが、あくまでかわいいからです。その彼女が前を見続け、進み続けるネギを見て、ネギの評価が変わります。
まあ、変わると言ってもネギはまだ10歳であることには変わりないですが。
見方が変わったのはネギの正体を知っているのどかやゆえでしょう。彼女達はネギを見て魔法使いになりたいと懇願します。実際魔法世界ではゆえはアリアドネーで魔法の勉強に勤しんでます。彼女は興味のないことには全く興味を示しませんが、その逆だとのめりこむタイプです。
この時点ではスリルと冒険に満ちた面白そうな世界に踏み込めるとしか認識はないです。明日菜もまだネギの過去に踏み込んでないです。8巻では彼女らの認識ががらりと変わります。

ネギまはラブコメですが、ネギにとって女生徒たちは教え子でしかないです。ネギの目的は立派な魔法使いであり、父親を追うためです。それ以外視野に入りません。
ネギは知らないうちにもてていますが、本人に意識はないです。女生徒たちもほうっておけば突っ走る猪突猛進なネギがほっとけなくなってます。

61話では委員長達と一緒にリゾート島に行きます。そこでクラス1胸が大きい那波千鶴の胸にはさまれますがネギにとっては巨大なマシュマロであり、苦痛でしかないです。
正直、可哀想だと思いました。


魔法先生ネギま! (7) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (3426巻))
講談社
赤松 健

ユーザレビュー:
これは痴話喧嘩なのか ...
まき絵が頑張ってます ...
夢は叶うもの・・・こ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

魔法先生ネギま!第7巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる