江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔法先生ネギま!第20巻感想

<<   作成日時 : 2009/07/23 20:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今回は修行を休んで海に遊びに来ています。真面目なネギは魔法学校にいたときも勉強ばかりしていたので遊び方がわからないのです。

前回は明日菜の説得に応じたものの委員長は個人的にイギリス旅行に行くことに。あいかわらずバカ騒ぎして楽しんでます。
そこへ帰りが遅いと幼馴染のアーニャ登場。フルネームはアンナ・ユーリエウナ・ココロウァです。
アーニャはネギが帰ってこないのは美人ぞろいの女子生徒だと決め付けます。周りにはバストの大きな15歳の女の子たち。とても中学生には見えません。逆にまな板ののどかとゆえを仲間と決め付ける始末。
ここしばらくドタバタが少なかったのでアーニャの登場はいいカンフル剤といえます。

夏休みはクラスメイトたちの日常を描いてます。特に龍宮が年齢詐称薬で幼女になったりとかね。そして同じくちび楓登場。二人の仲は悪い。

ちなみに白き翼のイギリス旅行の旅費は半額アルバイトして払うことになってます。さすがに全部出してもらうのはまずいのでしょう。

ネギの故郷ウェールズを見物したあと、魔法世界のゲートへ。そこには修学旅行以来実に14巻ぶりの登場であるフェイトがいた。
ゲートポートでネギはフェイトに気付くも、逆に右胸を貫かれて、次回へ。
このあたりはかなりショックでした。小太郎に殴られるとか、魔法を食らうとかそんなレベルではなく、ネギが致死量になりかける致命傷を負ったからです。
フェイトはかなり残酷です。正直フェイトは好きではありません。
20巻で楽しい学園生活編とお別れします。次回はとってもハードな世界が待ち受けております。

今週のネギまでは前回夏美のヒントから得た火星の話の続きです。
20巻でもゆえが魔法世界の話をしていました。のどかもそれを思い出し補足します。
チャオも自己紹介のときは火星から来た火星人ネと答えてましたが、まさに魔法世界が火星ならばチャオが魔法世界の住人なのでしょう。ネギの子孫かどうかは不明ですが。
20巻の感想を書いて、今週号で20巻の伏線が出てくるとは予測不能でした。ゆえの台詞は細かいし読み飛ばしているのがほとんどです。
ネギまは今年一杯でどこまで進むか。31巻を目処に終わるのか?もっとも魔法世界編が始まったときもいつ収拾つくかと思ってましたが、気がついたら結構時間が過ぎてました。休載が増えた時期でもありましたしね。
単行本をじっくり読むとそんなにテンポは悪くないです。じっくり読むのが楽しいですね。


魔法先生ネギま! 20 (少年マガジンコミックス)
講談社
赤松 健

ユーザレビュー:
キモい!全然面白くな ...
恵まれすぎた主人公た ...
夏休み新展開!新展開 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

魔法先生ネギま!第20巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる