江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔法先生ネギま!第21巻感想

<<   作成日時 : 2009/07/24 20:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ここから本格的に魔法世界編が始まりました。しかも予想外の展開で。

フェイトに襲撃されたネギ。彼を救おうと明日菜たちは動くがフェイトたちの力は圧倒的過ぎた。エヴァの修行がまったく役に立たずだった。
と思わせといて戦闘力をセンスで補い、ネギを治療することに成功する。
フェイトはゲートポートを破壊し、仲間たちを転移魔法で魔法世界にばらまく暴挙に出た。
この回は赤松先生がまた漫画家として一皮剥けたと確信しました。以後、魔法世界では従来のネギまファンの予想を斜めいく展開が待っていました。

ネギが目を覚ますとそこには茶々丸だけだった。白き翼のバッジは探知機能がついており、茶々丸はそれを感知できるのだ。
こうしてネギと茶々丸の冒険が始まるのであった。
いままではネギの隣に明日菜がいたのですが、魔法世界では茶々丸と長谷川が明日菜のポジションに立っています。
長谷川、小太郎と合流し、ヘカテスという町に辿り着く。そこでネギたちはゲートポートを襲撃したテロリスト扱いにされる。ある意味賞金首にされたほうが世界中に散り散りになっても発見できると思ったのだろう。もっともネギたちはお尋ね者生活を選びました。
年齢詐称薬でアダルトネギ、コタ。ちびちう、ちび茶々再登場です。ロボットでも詐称薬は効くのです。
ヘカテスではのちに闘技場で闘う亜人たちがちょい役で出ています。

ヘカテスの酒場ではサウザンドマスターことナギに似ているアダルトネギに敵意を抱くものたちが登場した。麻帆良学園ではナギのことを悪く言う人はいなかったが、魔法世界は違う。
敵意といっても、昔ナギにこてんぱにされたので、以来ナギに似ているやつを殴りたいだけだった。
ならずものの頭角バルガスは巨体ではあるが、高位の魔法使い。ネギは手加減せず一撃で倒す。ネギの場合は戦闘を楽しむと言うより、さっさと終わらせたがる傾向があります。
バルガスは噛ませ犬でしたが、一撃で倒さなければならない危険な相手だったのです。
フェイトの戦いは圧倒的な差でしたが、実際ネギたちの力はラカンを除いて最強と言えます。

酒場のマスターの証言で運動部仲良し4人組だけでなく、村上夏美まで魔法世界に来ていたことが判明。和泉亜子、大河内アキラの3人はドルネゴスの奴隷にされてました。
魔法世界では奴隷は法律で認められているようです。もっとも厳しいものではなく夏美に言わせればキツイバイトぐらい。トサカみたいなチンピラにいじめられますが、ぬいぐるみっぽい奴隷長にとってはトサカより奴隷のほうが大事なのです。ちなみに本誌ではママさんと呼んでましたが、単行本ではママと呼んでます。

この時点では茶々丸、長谷川、小太郎、朝倉、さよ、夏美、アキラ、亜子の9人と合流できました。
ネギたちは亜子たちを買い戻すために拳闘士の道を選ぶ。まほら武道会のときは遊び半分でしたが、こちらは金のため、強くなるための戦いです。
魔法世界では麻帆良ではありえなかった組み合わせで読者を楽しませてくれます。もっとも麻帆良でもサブキャラは多かったですが、魔法世界ではさらに増えています。
当時は亜子たち解放でもどうなるかハラハラしてましたが、ずいぶん遠くの出来事のように思えます。

最後に龍宮とタカミチが登場しますが、いまだ出番がありません。最後の時にならないと出ないのだろうか。


魔法先生ネギま! 21 (少年マガジンコミックス)
講談社
赤松 健

ユーザレビュー:
中途半端連載当時は十 ...
キモい!全然面白くな ...
全てに恵まれた主人公 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

魔法先生ネギま!第21巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる