江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 女番長野良猫ロック ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2009/09/27 11:43   >>

トラックバック 0 / コメント 2

1970年に公開された長谷部安春監督作です。製作はホリプロで、配給は日活です。

主役はアコ(和田アキ子)で男勝りでバイクに乗ってます。メイ(梶芽衣子)がアコを男と間違え、勝手にバイクの後ろに乗り、ケンカに向かうのです。
ケンカ相手の恋人勝也(藤竜也)が助っ人に来るが、アコはバイクをバギーでぶつけられた腹いせにメイたちに加勢するのであった。

メイの恋人道夫(和田浩治)はダメ男ででっかいことをしてやると青勇会に入会するために、ボクサーのケリー(ケン・サンダース)に八百長試合を頼みます。ケリーの対戦相手には1千万を賭けてあり、負けたらやばいです。
しかしケリーは勝利してしまい、道夫は殺される。そして仇を討つためにアコとメイは青勇会の幹部花田(睦五郎)を刺し殺すも、メイも死んでしまう。
勝也は花田に殺された。

この当時和田さんは20だった。梶さんは確か23歳。藤さんは29歳。一応少年少女の青春の話ですが、十代が少ないのはどういうことでしょうか?ですが女性陣の服装はおしゃれで、かっこいいです。
作中では和田さんの挿入歌が流れます。あとアンドレ・カンドレとかいろいろとね。

20歳の和田さんは梶さんや氾文雀さんより背が頭ひとつ高かった。かっこよくて、男らしいです。ただ主役っぽく見えませんでした。
和田さんが藤さんのバギーに追われるシーンはよかったです。地下鉄をバイクとバギーが走りまくる。

全体的に暗闇のシーンが多く、見えにくい場合が多いです。ストーリーはありがちな展開ですが、こういうのは女優さんたちのパワーが大切です。
同時上映はハレンチ学園でした。あの作品も子役たちのパワーが溢れていました。映画に必要なのは俳優が持つパワーというか雰囲気が大切ですね。
敵役の藤さんは時折狂った笑い方をするので、不気味です。
作中ではメイの仲間が敵に捕まり、バーナーで身体を焼かれたり、裸に剥かれて煙草の火を押し付けられたりしますが、泣き叫ぶというより、気丈にも拷問に耐え、苦悶の表情を浮かべております。その様子が非常に男らしいです。女優なのに。

どうでもいいですが、梶さんは1973年の仁義なき戦い広島死闘編に出てました。この作品より老けて見えました。メイクのせいかな?
メイの右腕にゆり子役に氾文雀さんという人がいますが、とてもきれいな人です。2002年に亡くなったそうです。作中で個性的な眼鏡をかけてました。


女番長・野良猫ロック [DVD]
日活
2006-12-08

ユーザレビュー:
長谷部監督、安らかに ...
サイケでハレハレな4 ...
めっちゃお洒落系な女 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「野良猫ロック」は如何にも昭和40年代にどっぷり、そして1970年代の初期を今に伝えています。リアルタイムで観た私が言うのですから、年寄りの独り言ではありますが、お洒落なファッションは今でも素敵でしょう。

氾文雀は当時、テレビのスポ根ドラマ「サインはV」、あるいはエロアクションの「プレイガール」で大ブレイクしていた時期です。
「野良猫ロック」でも次回作、最終作に登場していますので、ぜひともご覧下さい。
サイケおやじ
2009/09/27 18:37
映画って当時の風俗がよくわかります。
野良猫ロックのパワーに魅了されました。シリーズはすべて借ります。12月あたりに。
江保場狂壱
2009/09/27 19:12
女番長野良猫ロック ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる