江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS エロ将軍と21人の愛妾 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2009/12/11 18:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1972年に公開された鈴木則文監督作です。

題名からエロ将軍。ストレートかつわかりやすいですね。
エロ将軍こと11代将軍徳川家斉こと豊千代(林真一郎)は学問一筋。女人を知るために吉原で女を抱くが痙攣を起こして繋がったままになってしまった。
豊千代を将軍に立てた田沼意次(安倍徹)は部下の岩本(名和宏)とともに頭を抱える。そこに江戸で評判の鼠小僧お吉(池玲子)がやってきた。

お吉は豊千代に瓜二つの角助(林真一郎)を将軍の代わりにしろというのだ。まんまと入れ替わり、角助は大奥でエロ振りを発揮する。

角助は田舎に残した幼馴染のお菊(渡辺やよい)を呼んだ。彼女は角助が心配なので大奥に入れてくれと頼んだ。そこでお万の方(三原葉子)の女中になるように計らう。

田沼はそろそろ角助と豊千代を交換しようと思ったが、お吉の策略で失敗する。

京から茂子(杉本美樹)がやってきた。しかし、角助と抱かれるわけにはいかないので、茂子の取り巻きは怒る。
岩本の口利きで大奥にやってきたお吉の提案で茂子を抱かせた。

角助の秘密をするお菊を始末しようと、お万は彼女を折檻し、お菊は自殺した。怒りでお万を大奥から追放した。それに激怒したお万は岩本を殺そうとするが返り討ちになる。さらに狂ったとして岩本も死ぬ。

自暴自棄になった角助は伝馬町の罪人たちに大奥の女を抱かせる。角助は痩せこけ、最後はお吉に抱かれて死んだ。

結構面白かった。林さんの演技がよかった。
池さんの演技もすごい。この人は当時は18歳なのに大人顔負けの貫禄です。当時の十代は現代の十代と違いますね。
杉本美樹さんはあんまり活躍しなかった。

毛琢山役の由利徹さんが、林さんが毛唐の女と寝ている際、通訳するのである。
陳万紅役の岡八郎さんなど、笑いのほうも力を入れてます。あと大泉晃さんがあれを切られたりとかね。

ただ作中に池さんや名和さんの殺陣があるのですが、ひょろひょろっとしてました。なんというか重さがないのです。
しかし女優が一杯いるのに、どうにもパワーを感じられないのはなぜだろうか。石井輝男監督なら感じるのに。
大奥で罪人たちが百人くらい暴れまわるのに、勢いを感じないのです。不思議です。

ですがお菊を失い、自暴自棄になった角助を演じた林さんは哀愁に漂っていました。
喜怒哀楽はきっちり表現できていたと思います。
万人にはおすすめはしませんが。


エロ将軍と二十一人の愛妾 [DVD]
東映ビデオ
2007-09-21

ユーザレビュー:
豪華絢爛なポルノ女優 ...
王子と乞食の話がヒン ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

エロ将軍と21人の愛妾 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる