江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 少女娼婦けものみち ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2010/01/20 09:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

にっかつロマンポルノなので未成年は読まないように。ある時期になると日活からにっかつへ変わったようです。意味があるかは不明ですが。

1980年に公開された神代辰巳監督作です。

主人公のサキ(吉村彩子)は母子家庭。母親の圭子(珠瑠美)は屋台を引いてます。たまに男をくわえ込んでました。
冒頭で人形片手に自慰行為は驚きました。
幼少時に母親のセックスを子役が見ているのですが、これって絶対子役にはエッチシーンを見せていないでしょう。子役を平気で出すのがにっかつロマンポルノです。

サキは外男(無双絞)とえっちする。しかしどこか物足りない。

ある日ダンプの運転手であるアタル(内田裕也)は恋人のゆう子(水島美奈子)を追い出し、サキとやる。
サキは妊娠し、外男かアタルかわからない。ゆう子はサキに嫉妬し、外男はアタルに嫉妬する。

少女が性に悩む苦悩を姿を描いてます。

ただ神代監督らしいというか、まともなセックスシーンが少ないのです。
逆立ちしてクンニしたり、漁船の上でファックしたり、アタルがゆう子とえっちしていると、サキは砂浜で穴を掘り、泣き叫ぶ。

主役の吉村さんは結構いい身体をしてます。しかし、この作品以外に出演作がないのが残念です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

少女娼婦けものみち ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる