江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 拳銃無頼帖 電光石火の男 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2010/01/20 09:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1960年に日活で公開された野口博志監督作です。

主役の赤木圭一郎さんは日活では石原裕次郎、小林旭に続く第3の男と呼ばれ、あだ名はトニー。外国人俳優のトニーって人が似ているからだそうです。今、これ知っている人いるだろうか。

ロケ地は三重県四日市市。赤木さん扮する丈二が刑務所から帰ってきました。彼はハイライト興行の社長(藤村有広)の罪を被り、5年の刑だったが、3年で出てきた。
途中、ジーナ中川(白木万里。当時はマリだった。必殺シリーズでは有名)と知り合う。彼女はしつこい男五郎(宍戸錠)と別れるためにやってきた。
五郎は丈二が所属するハイライト興行の殺し屋で、銃の腕はすごかった。
五郎は貞夫(杉山俊夫)をいたぶっており、丈二はそれを助けた。貞夫はハイライト興行と敵対する大津組の人間だった。

貞夫に誘われて恋人の節子(吉永小百合。この映画がデヴュー作)が働く喫茶店にやってきた。そこは丈二のかつての恋人圭子(浅丘ルリ子)の店だった。圭子は大津組の若頭で警察官になった昇(二谷英明)と婚約していた。
というかやくざの息子が警察官になれるのかよ。これも時代だろうなぁ。やくざはどかどか銃を撃ちまくるし。もっとも死者の数は2名だけなのがすごいが。

作中では赤木さんの挿入歌が流れます。なんか声質が裕次郎に似てますね。
宍戸さんは悪役ですがどこか憎めない役柄です。赤木さんと宍戸さんが銃で煙草ケースを撃つシーンがお気に入りです。
宍戸さんは最初は二枚目俳優だったそうですが、頬に脂肪を入れて個性派俳優になったという。宍戸さんの顔は忘れられないほど印象に残りました。

50年前の吉永小百合さんは可愛いですね。誰でも若いときは可愛いですが。


拳銃無頼帖 電光石火の男 [DVD]
日活
2003-03-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

拳銃無頼帖 電光石火の男 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる