江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 必殺!ブラウン館の怪物たち ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2010/02/23 17:15   >>

トラックバック 0 / コメント 3

1985年に公開された必殺シリーズの映画第2弾です。監督は広瀬襄です。

なぜ第2弾かといえば第一弾を借りれなかっただけです。
先日亡くなった藤田まことさんのために借りました。

中村主水:藤田まこと。
加代:鮎川いずみ。
花屋の政:村上弘明。
組紐屋の竜:京本政樹。
順之助:ひかる一平。
おりく:山田五十鈴。
せん:菅井きん。
りつ:白木万理。
筆頭同心田中:山内としお。

スカパーでドラマを見てましたが、映画になるとどうもね。
必殺のシーンがどうにもぐだぐだな感じがしました。
映画らしく大道具に凝ったり、アクションに力が入っているのはわかりますが、もう少しシャープに華麗にならなかったのかと思います。

前半は面白かったですよ。任務のために働く森田健作と柏原芳恵が扮する忍者二人。
徳川の仕掛けを300年間守り続けた忍者、沖田浩之、塩沢とき、高田純次、兵藤ゆきなどの演技も面白かった。それだけに彼らが後半一気に皆殺しになり、藤田さんたちが仕事で片付けるのはテレビと同じですね。

舞台は幕末。徳川家茂が大阪城で亡くなった時代です。
藤田さんと山内さんの掛け合いを見るとゲーム東京魔人学園外法帖を思い出しますね。
もっとも藤田さん扮する中村主水は無能を装ってますがね。
主水は相手が死んでから仕事をしますが、依頼なしで殺したら、仕事じゃなくただの人殺しですからね。視聴者はそこらへんがもどかしいです。
外人が白いフェッシングみたいなスーツを着てます。彼らが自転車に乗るシーンは頭を傾げました。

新撰組も登場しますが土方歳三は西川のりおさんで、沖田総司は明石家さんまさんが演じてます。
他にも笑福亭鶴瓶さんも出てます。
テレビだと面白いけど、映画だと惰性に感じました。評価といえば普通のちょい上といったところです。


必殺! ブラウン館の怪物たち [DVD]
松竹ホームビデオ
2001-11-21

ユーザレビュー:
必殺仕事人∨ 劇場版 ...
空気のガマガエルの出 ...
西洋っぽさは出てる自 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時

 これは劇場で見ましたが、やはり最大の収穫は鶴瓶ですね。

 あの表と裏の落差は主水をも超えると言われ、これを機に必殺役者に加わるわけで。

 あと実は山田五十鈴の最後の必殺登場でもあると。

2010/02/23 18:37
そうですか。
確かに鶴瓶さんのあの役はなかなかでした。
鶴瓶さんも必殺に出てるんですよね。どんな作品だったかは知らないけど。

リアルで観た人の意見は貴重です。ありがとうございました。
江保場狂壱
2010/02/23 18:46

 『必殺仕事人・激闘編』と『必殺まっしぐら』の二作です。

 ここでは公家くずれの仕事人。

 なんとなく岩倉具視を連想したくらいで。

2010/02/23 21:32
必殺!ブラウン館の怪物たち ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる