江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS ネギまの感想

<<   作成日時 : 2010/02/24 13:10   >>

トラックバック 1 / コメント 0

のどか!開!眼!!

といった感じですかね。
もともとのどかは読心術士として恐れられているが、身体能力は常人以下なのでたやすく倒せると思ったのだろう。のどかはそんな自分を利用して身体機能を強化する魔法を利用して、魔術師、デュミナスの名前を知り、さらに鍵の使用方法すら聞きだす快挙!!
自分自身すら利用するのどか。恐ろしい娘・・・。

一方亜子や夏美たちはトラウマ確実である。トサカやチーフ、クママという名前ですが、ずいぶんやっつけな名前ですね。ピラといいチンといい、登場人物が多すぎたら端役はテキトーな名前なのでしょうね。
話は脱線したが、のどかと朝倉は鍵の力で亜子たちと合流。デュミナスも追ってきた。
そこで楓と刹那が助けてくれた。デュミナスは逃げた。

すでに一般人も巻き込まれている。犠牲者が出た以上自分たちは早く旧世界へ戻るべきだ。幸いフェイトたちはネギたちの仲間を傷つける気はないらしい。ならば相手の気が変わらないうちに逃げるのも最善です。
もっとも戦闘のプロである楓や刹那はそう思っても、ゆーなたちが納得できるはずがない。

その答えをのどかが出した。最後の鍵を見つければ消えた人を元に戻せるというのだ。

これはやっぱりなと思った。赤松先生にしては残虐すぎると思ったが蘇生フラグはきちんと立つと信じていた。
やっぱり赤松先生らしくていい。これはのどかが秘密を探ったからであって、のどかがいなかったら絶望しか残らなかった。
文字通りパンドラの箱で、最後には希望が残っていたわけだ。希望のない箱もあるけどね。

のどかに手をかけようとしたデュミナスが急に安っぽい悪役になったのは、残念です。やはり格はフェイトのほうが上ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ネギま!関連サイト巡回(02/25)
■「江保場地獄」さん「ネギまの感想」 ...続きを見る
ネギま!部屋(楊さんのページ別館)
2010/02/25 06:36
ネギまの感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる