江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 女囚701号さそり ネタばれ注意

<<   作成日時 : 2010/02/05 22:47   >>

トラックバック 0 / コメント 3

1972年に公開された伊藤俊也監督作です。篠原とおる先生原作です。

冒頭から君が代の曲が流れますが、サイレンで掻き消えます。
舞台は女性の刑務所で、松島ナミ(梶芽衣子)とユキ(渡辺やよい)が脱走しました。しかし捕まった。

かつてナミは杉見(夏八木勲)の恋人だった。杉見に頼まれておとり捜査をしたが組織に正体がばれ、レイプされる。すべては杉見のわなだった。ナミは杉見を殺そうとしたが失敗し、刑務所に入れられる。

刑務所は看守も囚人もろくでなしだ。

刑務所所長の郷田(渡辺文雄)や看守の小林捻滋に沼田曜一に室井日出男などあくの強い人間が多い。

囚人は大塚(根岸明美)や政木(三原洋子)などがいる。特に政木は班長グループで、他の囚人より待遇がよかった。みんなしてナミをいじめる、否いじめというよりリンチだ。それを梶さんは命乞いせずにらみつける。怖い。

味方は進藤(扇ひろ子)くらいだ。彼女はナミの思想が気に入っているのか、ナミをフォローすることが多く、ナミも彼女を助けたりした。

あと独房に入れられたナミが鬼頭(片山由美子)とレズった。梶さん自体はあまり色っぽいシーンは皆無だ。エロいというよりかっこいいということだ。

この映画はカメラワークに舞台装置がいい。

夏八木さんと梶さんの塗れ場では梶さんがシーツに包まっており、それをはずす。そして舞台がどんでん返しで入れ替わるのだ。

特に風呂で三原さんが額を打って血を流したのだが、すさまじいメイクで梶さんに襲い掛かる。
そして渡辺文雄に絞め殺された。

梶さんがレイプされたあと照明でナミの怒りを表していた。すごく怖かった。

最後は自分を陥れた連中を殺しまくり、再び刑務所へ戻った。作中では梶さんの歌う怨み節が流れた。


女囚701号 さそり [DVD]
東映ビデオ
2002-07-21

ユーザレビュー:
色褪せない 面白さ ...
モーレツ執念凄みの一 ...
続編発売決定!待って ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時

 まさに梶さんあっての『さそり』ですよね。

 これほどまでに役者と合致したキャラも珍しいというか。

 「エロい」というより「格好いい」というのも同感。

 神聖帝国シリーズのキャラならば、やはりサブリナのヴィシュヌ女王か。

2010/02/06 00:07
でも作中で梶さんはマツと呼ばれ、さそりと呼ばれてないんですよね。

乳首が出てもエロいとは思えず、かっこいい。
一歩間違えばギャグまがいの演出を押し通すのがすごいです。
江保場狂壱
2010/02/06 10:14

 そこがやはり役者の説得力ですね。

 ちなみに「さそり」は前年公開の『ダーティハリー』の悪役の名前でも出てきますが、果たして関係はあるのか。

 また夏八木さんについては、やはり『野生の証明』での刑事役が印象的です。

2010/02/06 16:16
女囚701号さそり ネタばれ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる