江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS トラック野郎一番星北へ帰る ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2010/03/06 15:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1979年に公開された鈴木則文監督作です。

シリーズで言えば8作目です。なぜ2作目を借りて次が8なのかといえば、間違えて借りたからです。

一番星桃次郎こと菅原文太。
ヤモメのジョナサンこと愛川欣也。
三番星玉三郎せんだみつおの3人で繰り広げられる笑いと人情あふれた映画です。

桃次郎は早とちりで喧嘩っ早い。ジョナサンとかみさん(春川ますみ)の仲介で見合いするも、付き添いの静江(大谷直子)と間違え、ポカをする。
見合いの相手の父親は嵐寛寿郎さんだった。

トラック仲間ではモンスタートラックBIG99で荒稼ぎするトラック野郎九十九(黒沢年男)の評判が悪い。静江とは彼女の亡くなった旦那の幼馴染だった。

岩手警察ではジョナサンが勤めていたときの部下だった赤沢(田中邦衛)が桃次郎を目の仇にしていた。
桃次郎は婦人警官(児島美ゆき)を売春婦と勘違いし、パンツを脱がしたので、捕まったのだ。

ジョナサンは仲間の一人である男の保証人になり、その借金を背負わされた。男は自殺しようとしたが止められた。
トラック仲間の金をカンパし、バンエイ競馬で儲かった。男の娘鮎子(舟倉たまき)は新沼謙治と結ばれた。

桃次郎は未亡人である静江の気を引くために、子供の誠を懐柔しようとするがうまくいかない。
不器用ながらも一生懸命にぶつかる桃次郎と、父親を忘れられない子供の葛藤のシーンが泣ける。

最後は人工透析の機械を2時間で運ぶ仕事を引き受け、警察相手にカーチェイスを繰り広げるのであった。
パトカーをぶつけるわ、民家を破壊するわで、めちゃくちゃです。これは重罪ですよ。

笑いと人情、派手なアクションが加わった娯楽映画です。


トラック野郎 一番星北へ帰る [DVD]
東映ビデオ
2009-11-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラック野郎一番星北へ帰る ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる