江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS Mrジレンマン色情狂い ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2010/03/13 16:56   >>

トラックバック 0 / コメント 2

日活ロマンポルノなので未成年は読まないように。

1979年に公開された小沼勝監督作です。

主人公はうだつの上がらない課長補佐岩本です。会社では無能扱いされ、家族には馬鹿にされる毎日です。
満員電車で座っていたシスターになぜか尺八してしまうというありえない状況からしてこの映画の破天荒さがわかります。

岩本扮する柄本明さん。専務の樫山を高田純次さん。部下の野口はベンガルさん。社長は綾田俊樹さんという劇団東京乾電池の面々で進みます。

ジレンマンは専務の部屋にあった仮面を使い、ジレンマンとなって鬱憤を晴らします。
やることなすこと馬鹿馬鹿しいコントで進み、エロのほうが印象が薄いですね。

野口は岩本を怪しいとにらみ、ジレンマンの衣装を発見します。そして岩本の娘ゆかり(朝霧友香・新人)に眼をつけ襲おうとしますが、岩本がやってきます。
その対決が非常にユーモアたっぷりで馬鹿馬鹿しいです。ロマンポルノと忘れてしまいそうです。
その前に柄本さんが小川亜佐美さんと濡れ場をたっぷり流したから、チャラでしょうか。

内気な人間が仮面をかぶることで自分を隠し、本性をさらけ出す。ユーモアと哀愁の漂う作品でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時

 柄本明さんについて見たのはNHK大河ドラマ『太平記』で高帥直を演じた時ですね。

 とにかくそのインパクトが絶大。

 それだけに『ゴジラvsスペースゴジラ』で主役を演じたのも強烈と。

2010/03/13 20:54
柄本さんを見たのはリアル鬼ごっこからでした。
なんか素人っぽい演技でしたが、ロマンポルノでは弾けた演技でした。
やはり演出なんでしょうね。
江保場狂壱
2010/03/14 08:54
Mrジレンマン色情狂い ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる