江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS BROTHER ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2010/03/21 13:49   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2000年に公開された北野武監督作です。「ファッキンジャップくらいわかるよ、このやろう」が有名な映画かも。

たけしさんはあいかわらずはみ出しもののヤクザを演じる。
自分で監督しているならもう少しいい役を演じそうなものだが、あえてみじめな死を選ぶのは、たけしさんのこだわりだと思う。これで最後はハッピーエンド。おいしい想いをしていたら、世界の北野とは呼ばれないと思う。

たけしさんは日本に居場所がなくなり、腹違いの弟・真木蔵人に会いに行くため渡米した。しかし弟はオマー・エプスと一緒に麻薬密売人になっていた。
そこでたけしさんたちは自分で組を作り、マフィアを相手にのし上がっていった。

しかし、イタリアマフィアは徐々に迫っていく。
事務所を追い出され、エプスの母親は殺され、次々と仲間は殺されていく。
ボスを捕らえても状況は変わらない。
たけしさんも最後は蜂の巣にされ、息絶える。

ひとり逃げるエプスは車を運転しながら悪態をつくが、かばんに金と手紙が入っており、エプスは感謝しておしまい。

マフィアを相手にしているが、やはり淡々とした展開が続く。遠くから撮って全身入れている。
ド派手なガンアクションは皆無だ。たけしさんはド派手に撃たれるがとても静かな銃撃シーンだった。
正直派手さがないから飽きっぽくなる。CMでたけしさんが「ファッキンジャップくらいわかるよこのやろう」と銃を撃つシーン目当てで見る人が多かったと思う。


BROTHER [DVD]
バンダイビジュアル
2007-10-26

ユーザレビュー:
北野監督最高傑作!本 ...
お世辞を真にうけちゃ ...
カルフォルニア・ロー ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時

 未見ですが、最後の一人だけまんまと逃げのびるくだりなんか、どことなく西部劇の『大脱獄』っぽいですね。

 あれも一種のブラックコメディでしたが。

 

2010/03/21 19:29
大脱獄は観てないです。
ただ、一人だけ生き残るのは意外な感じでした。
なんとなくですが。
江保場狂壱
2010/03/21 21:26
BROTHER ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる