江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS ゼブラーマン ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2010/03/22 11:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2004年に公開された三池崇史監督作です。

主人公の市川(哀川翔)は小学校の教師。家庭は崩壊。妻は水商売で、娘(市川由衣)は援助交際。子供はいじめられており、学校でも学年主任だがぱっとしなかった。
そんな彼の心の慰めは打ち切り番組のゼブラーマンのコスプレをすることであった。
ちなみにゼブラーマンの歌はミズキングこと水木一郎さんだ。予告編は昭和世代のノリだった。

ある日車椅子の少年浅野(安河内ナオキ)が転校してくる。彼はネットでゼブラーマンを知り、ファンになった。市川はそんな彼を浅野さんと敬意を表していた。
もっとも母親の鈴木京香さんが目当てだが。彼女は市川の夢の中でゼブラナースを演じており、浅野さんとゼブラーマンの3人でかにを食べていた。なんともシュールだ。

その頃日本のある街で未確認生物が確認された。及川(渡部篤郎)はしぶしぶ調査を始めていた。

市川はゼブラーマンのコスプレを浅野さんに見せようと思ったがその途中娘の援助交際相手(柄本明)がかにの被り物で人を襲っていた。なぜかは知らないがゼブラーマンで倒してしまう。及川はその死体から緑色のゲル状のエイリアンを発見した。以降ゼブラーマンはエイリアンに寄生された人間をばったばったと倒す。

市川が勤務する学校の教頭(大杉蓮)は事なかれ主義っぽい大人だが、どこか鬼気迫るものを感じた。
浅野さんを転校させ、市川を家族ともに引っ越すことを勧めた。
かつて小学校が建つ前はUFOが墜落していたのだ。教頭はそれを伝えようと、彼はゼブラーマンの脚本を書いて、地球に迫る危機を伝えようとしたが、低視聴率ゆえに打ち切られた。以降教師となりエイリアンの動向を監視していたのだ。ずいぶん遠まわしな計画である。教頭は予知能力者だったのか?

台本を読んだ市川はゼブラーマンが死ぬのは空が飛べないためだという。そして空飛ぶ練習を始めた。
一方及川の部下はエイリアンに寄生されていた。彼らの中でもクーデターが起きていたらしく、ゼブラーマンに味方しているのはそっちのほうだと思う。作中ではそんな描写はないが、深読みしていないと唐突な展開についていけなくなる。

浅野さんは人質に取られた。今までぼろぼろだった手製のコスプレがきちんとした衣装へ変わるのはすごい。
さらに巨大化したエイリアンをシマウマペガサスで倒すのもすごかった。このすごさは実際に見ないとわからない。

最後校舎を破壊した市川はタイホされたが、彼は町を、地球を救ったヒーローとして称えられていた。
最後に白黒つけたぜと決め台詞を残し、終わる。

さえない中年男がコスプレしてヒーロー気取り。夢をあきらめていたが、信じれば夢はかなうという言葉を胸に戦うのはかっこいい。浅野さんも自ら立ち上がることでゼブラーマンを勇気付けたのもいい。
B級アクション映画だが、それなりに予算はあったみたいだ。エキストラの数が100人以上いるし。ただセットはこじんまりしていた気がする。

この映画で哀川のアニキが100本出演したそうだ。その一年後に出演した東京ゾンビでは少し太って見えたのは気のせいだろうか?


ゼブラーマン [DVD]
東映
2004-08-06

ユーザレビュー:
焼きなす屋って・・・ ...
手放しにはほめられな ...
面白くなる要素はある ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ゼブラーマン ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる