江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS ひぐらしのなく頃に実写版 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2010/03/23 10:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2008年に公開された及川中監督作です。原作は同人ゲームで有名な作品です。

前原圭一(前田公輝)は辺鄙な村雛見沢へ引っ越してきた。最初は膨れ面だったが、一ヵ月後には同じ学校の園崎魅音(飛鳥凛)竜宮レナ(松山愛里)古手梨花(あいか)北条沙都子(小野恵令奈)たちと仲良くなっていた。

村には唯一の学校の先生知恵留美子(三輪ひとみ)や診療所の医者入江(田中幸太郎)と看護婦の鷹野(川原亜矢子)などがいた。

ごみ山をレナと圭一が漁っていたら、カメラマンの冨竹(谷口賢志)が4年前にダムの責任者が殺されたことを教えてくれた。しかしレナや魅音はそんな事件は知らないという。
綿流しのお祭りで富竹と鷹野は社を調べた。そこで圭一は偶然そこを見合わせる。
鷹野はかつて綿流しとは村に逆らうものの腸を引き裂くことからその名がつけられたという。
その後富竹は咽をかきむしり死亡。鷹野は焼死体で発見された。そのことを刑事の大石(杉本哲也)が教えてくれた。

徐々に村が怖くなる圭一。
レナや魅音がどこかばけものに見え始めた。
圭一は針入りのおはぎを食べさせられたり、魅音が注射器で圭一を射そうとする等凶器に包まれた。

二人を殺し、遺書を残し、最後は咽をかきむしる。
圭一は入江に救われており、横には死んだはずの鷹野の姿が・・・?

原作をよく知らないので映画だけを見た感想を書きます。
圭一役の人はぬぼっとした顔で世界観に合ってると思う。逆に魅音とレナの人は美女には見えない。梨花と沙都子のほうがかわいかった。
原作ファンはこの映画に賛否両論です。実際ゲームをプレイした人と、していない人では感想は違うと思います。原作で端折られている部分もあると思いますが、未プレイなのでわかりません。そこそこ楽しめました。
もしプレイしていたらどんな感想になっていただろうか・・・?
続編が気になる映画です。

実はアニメは数話だけ観たことがあります。でも全部観た訳ではないので、割愛します。


ひぐらしのなく頃に 劇場版 スタンダードエディション [DVD]
Frontier Works Inc.(PLC)(D)
2008-11-21

ユーザレビュー:
酷評すぎる原作がアニ ...
レンタルで借りた…が ...
原作を知らない人にオ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ひぐらしのなく頃に実写版 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる