江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 爆発!暴走遊戯 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2010/04/10 11:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1976年に公開された石井輝男監督作です。

前回に続き、主人公は岩城晃一さんですが、役割は別人です。ブラックパンサーという暴走族のリーダーが繰り出すお話です。

風間(岩城晃一)は恋人のあけみ(中島ゆたか)と、真一(星正人)、妹のユキ(多岐川裕美)たちとブラックパンサーとして暴走族をしていた。
そんな彼らを金持ちメンバーのレッドバロンがつっかかる。事あるごとにブラックパンサーを溝鼠呼ばわりするのだ。
リーダーの花田(織田あきら)や魔子(鹿沼えり)などが彼らをからかう。

スズカのレースでレーサーの桑島正美にサインをねだった。
桑島は花田の友人であった。ちなみに桑島さんは本物のレーサーで、黒い稲妻と呼ばれたそうだ。なんかトラブルを起こしたために、どこにいるかは不明。
他の役者と較べると明らかに下手である。
石井監督は映画に本職の人を引っ張ることがある。
直撃地獄拳ではフェザー級チャンピオン西城正三さんを出演させていた。

全体的におしゃれなつくりだと思う。
ブラックパンサーのメンバーがそろって指パッチンしたり、レッドバロンのメンバーの服装もおしゃれだ。
物語の整合性がめちゃくちゃなのは、いつもの監督らしさといえる。
真一がナイフを持って花田を襲うのだが、逆に返り討ちに遭う。そして風間たちは復讐に乗り出し、レッドバロンのメンバーを次々と血祭りに上げる。明らかにブラックパンサーのほうが悪役だ。
最後は花田は刺され、風間と桑島も刺され、ユキが破けて使い物にならなくなったウェディングドレスを着て、「誰が悪いの?」と叫ぶ。
実は彼女が余計なことをしなければ、丸く治まっていた気がしないでもない。しかし話をかき回す人がいなければ映画は成り立たないのだ。

中島さんは美人だし、多岐川さんはかわいいと思いました。
石井監督の若さあふれる一品です。


爆発!暴走遊戯 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2010-03-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

爆発!暴走遊戯 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる