江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS ヅラ刑事 頭上最大の決戦 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2010/04/16 16:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2007年にテレビドラマとして放送された。ヅラ刑事の映画の続編である。

花曲署の面々を紹介する。

ヅラを飛ばすヅラ刑事:モト冬樹。
デブで汗を放水のように飛ばすでぶ刑事:ウガンダ・トラ。故人。
ちびだが怪力のちび刑事:なべやかん。
おやじぎゃぐを飛ばすオヤジ刑事:浜田道彦。
イケメンだが戦力としては問題外のイケメン刑事:桐島優介。
前回はデカチンだったが、ある事件でED刑事になった。イジリー岡田。
彼らのボス面堂:中野英雄。

本庁から来たヌーブラを武器にするヌーブラ刑事(北川弘美)。
以上の濃い面々で事件を解決する話だ。おまけでニート刑事がいるが、部屋に引きこもっている。一応働いているからニートではなく引きこもり刑事ではなかろうか。河崎監督自身も仕事がなければニートに近いといってるから、間違っていないかもしれない。
ちなみに前回のトンコ(橋本まい)は殉職して2年経っている設定だ。

強盗が入った。犯人はヅラそっくりであった。捕まえると中身は林家ぺーさんだった。
都内ではヅラのそっくりさんが事件を起こしていた。
ヌーブラと一緒に事件の核心に迫る。
一応前回を知らない人のために、ヅラのカツラが生きている設定をドクター中松氏が説明してくれた。

007シリーズを観て思ったのだが、いい映画というのは予算があればいいというわけではないが、なければ役者の演技でどうにかなるものだ。
ヅラのほうがボンドよりしっかりしている印象がある。007は二度死ぬでは浜美枝や若林映子が出演したが、エキゾチックな体型だった。今はごろごろ転がっているが、どうにも彼女らみたいなオーラがないのが難点だ。
テレビ放送だからエッチなのは無理だったのかもしれない。
回想シーンはイラストで済ましている。結構スケールのでかい事件だったが、イラストだからできることだが。
ちなみに前回登場したヅラの娘江口ヒロミも出演してます。髪を切ったせいか井森みゆきに見えた。

一応ヌーブラは胸がないことで彼氏に振られ、その彼氏の新しい女が敵の一人だった。
ヅラミュージシャンやヅラ王子、ヅラボクサーと戦って勝利し、彼らが最後に助けてくれたりと、いろいろ盛り上がった。

ヅラで世界征服を狙うボスがルー大柴だが、意外な結末に驚くだろう。そんなにすごい話ではないが。
河崎監督としてはまとまった作品だといえる。


ヅラ刑事~頭上最大の決戦~ [DVD]
フジテレビ
2008-03-19

ユーザレビュー:
TVドラマの制約もあ ...
死ぬほどくだらなかっ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ヅラ刑事 頭上最大の決戦 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる