江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS まぼろしパンティ対へんちんポコイダー ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2010/04/17 11:38   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2004年に発売された永井豪先生原作のVシネマです。監督は河崎実です。

クライム学園は犯罪発生率が高い。そのため学園内に警察ができるほどひどいのだ。
責任者は藤警部(きくち英一・河崎監督作の常連であり、過去に特撮番組に出演した人だ)
藤警部の娘、藤寿々美(小森未来)はパンティを被ってまぼろしパンティになり、捜査に協力することにした。
小森さんの髪型は明らかにヅラだ。どうにもミスマッチな気がする。まぼろしパンティの衣装も造詣が甘いと思う。
ちなみに小森さんは別の名前でAVに出演してます。さすが裸をカメラに曝しても恥じるそぶりがないのは、プロのなせる業です。

ゲストもすごい。
まぼろしパンツに正岡邦夫さん。超力戦隊オーレンジャーのオーグリーンや、Vシネマのウルトラセブンのシマ隊員を演じていた人です。その人がまぼろしダンスを踊る様はひどい。しかも当時は35歳で学生を演じてました。
サタンの足の爪はアゴ勇さん。サタンの足の爪といえば同じく永井作品のけっこう仮面に出ていた悪役だ。
へんちんポコイダーこと変珍太はなべやかんさんだ。やかんさんは小学生を演じているのである。

あとはやきとり魔人にレイパー佐藤(現OTAKU佐藤)や、松歌亜代に風間舞子さんなど出てます。ちょい役で永井豪先生も出演してます。ほんの少しだけどね。

まぼろしパンティは桑田次郎原作の、まぼろし探偵のパロディです。
私はスカパーで一度観たことがありますが、誠実な小学生が赤い帽子に黒マスク、黄色いマフラーをなびかせて、オートバイを運転し、二丁拳銃をぶっ放す少年探偵の話です。なんか荒唐無稽な話だな。当時はコレが流行ってたんですよね。
まぼろしパンティは月刊少年ジャンプに連載されてました。
へんちんポコイダーはテレビマガジンの付録漫画です。股間を回転させて変身するのです。よく掲載できるもんだと感心しますが、やはり時代でしょうね。

で、話の内容は一貫性がないです。国際ERO組織の爆弾エロをやったかと思えば、唐突にまぼろしパンツと対決。
サタンの足の爪が学園にやってきて、変珍太をだまし、まぼろしパンティと戦わせる。
サタンの足の爪が来てから統一し始めたな。
なべやかんさんも小学生を演じさせられてかわいそうな気がした。童顔ですが、30代ですよ、やかんさんは。


まぼろしパンティ VS へんちんポコイダー [DVD]
ティーエムシー
2004-07-22

ユーザレビュー:
これは良いものだこの ...
今作られた事に意義が ...
河崎実+小森未来によ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私はへんちんぽこいだーの方しか知りません
コロコロコミックだったかで見てアイデアが凄いな、と(笑)
道祖神や男根(リンガ)崇拝とかありますし、男性器にはなんか力があるんじゃないかと思いたいですね(笑)
ハーレム好きですし
民間信仰としては、種を蒔くとか豊饒の意味を込めているようです
ご神体
2010/04/24 19:06
私は両方とも知らず、永井豪先生と河崎実監督が好きだからです。

ですがアイディアは逸脱してます。時代がそれを許したというか、おおらかだった。
昭和年代はコミックボンボンでやっぱアホーガンよ!!という漫画は男根をもろだしでした。
コロコロだとおぼっちゃまくんのともだちんこが有名ですね。
江保場狂壱
2010/04/24 21:59
まぼろしパンティ対へんちんポコイダー ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる