江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 隠し砦の三悪人 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2010/05/04 11:15   >>

トラックバック 0 / コメント 2

1958年に公開された黒澤明監督作です。黒澤作品初のシネマスコープです。

太平(千秋実)と又七(藤原釜足)は戦に参加しようとしたが、乗り遅れてしまい、敵方の雑兵と間違えられるは散々であった。
国に変えるにもすでに関所ができており、国を出ることが出来ない。
そんなとき、薪の中から黄金が見つかった。欲をかいた二人は薪を探すが六郎太(三船敏郎)に見つかり、強引に彼の手伝いをさせられるはめになった。
六郎太は実は雪姫(上原美佐)の家臣で、薪に資金を隠し、逃亡中であった。

太平と又七は普通の百姓だが、小ずるく、すぐ相手を裏切ろうとするし、都合が悪ければ、仲良くしようと言う。
六郎太は雪姫のために悪人を演じているが、二人はどこにでもいる人間なので、親近感がある。
雪姫のメイクは濃い。いつも不機嫌そうな顔つきである。

一応主役は六郎太なのだが、太平と又七が場をかき乱すので見ているこっちははらはらものだ。
いくら主役が細かい気配りが出来ても、決まりを破る人がいればおじゃんになる典型である。
当時の観客は六郎太より、太平たちが何をしでかすかを楽しみにしていたと思いますね。


隠し砦の三悪人<普及版> [DVD]
東宝
2007-11-09

ユーザレビュー:
裏切りご免崩落シーン ...
配慮と心づかい。内容 ...
ツンデレスターウォー ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
雪姫を演じた上原美佐は本物のお嬢様で、素人から映画の世界に入った人です。その彼女に当時としては露出度の高い衣装を着せた製作者側の着眼は流石でしょう。
しかも撮影現場では出演者やスタッフから、相当なセクハラがあって、泣きだすことも度々だったとか!?
そういうことを百も承知で演出した黒沢監督の妥協しない姿勢は凄いです。
スターウォーズの元ネタとして今では有名になっていますが、ミュージカルの要素もあるし、あらゆる娯楽映画の楽しみが満載の傑作だと思いますね。
サイケおやじ
2010/05/08 09:59
なるほど。上原さんは他の女優とは違うオーラがありましたが、そういうわけでしたか。

当時はセクハラで訴えることなどできないから、相当荒れたでしょうね。
江保場狂壱
2010/05/08 20:23
隠し砦の三悪人 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる