江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 山形スクリーム ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2010/08/16 21:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2009年に公開された竹中直人出演監督作だ。

山形県にある人口百人に満たない村にやってきた女子高生の成海璃子は、部活仲間の波瑠と紗綾と桐谷美玲と顧問のマイコと一緒にやる気のない部活動をするはめになった。
成海さんは父親の岩松了がクリスタル・ケイと再婚したのが気に入らず、面倒だが部活旅行に来たのだ。

村には八百年前落ち武者が村人に狩られ、その祟りを恐れて祠を建てた。しかし村長の生瀬勝久は村おこしのために祠を壊してしまう。床屋のAKIRAは大慌て。しかし祖母の由紀さおりとともに村人から白い目で見られていた。

そうこうしているうちに落ち武者の沢村一樹に竹中直人、斉木しげるに石橋蓮司にデビット伊東が復活した。
彼らは佐伯新と篠原ともえのカップルをゾンビに変えた。
村人の六平直政や赤井英和、タレントの温水洋一がゾンビになって襲い掛かってくる。

お約束というか沢村一樹の奥さんが成海さんと瓜二つで、沢村さんは彼女を捕まえた。
他のメンバーは紗綾が携帯電話を利用して作った電子銃で対抗したり、波瑠がチェーンソーで落ち武者と対決するのであった。つうかホラーではチェーンソーでゾンビと戦うのは主流なのだろうか。巨乳ゾンビでも蒼井そらさんはチェーンソーで戦っていた。

いわゆるバイオハザード物だ。落ち武者が自分たちを殺した村人に復讐するのはわかるが、なんでゾンビになるんだろうか?
主役の成海さんはほとんど何もしていない。波瑠と紗綾が大活躍であった。制服サバイガールでは泣き虫で役立たずの紗綾さんだったが、発明の腕は確かであった。
桐谷さんはあんまり活躍してなかったが。あと由紀さんの子守唄(左卜全とひまわりヒッキーズの老人と子供のポルカ)が落ち武者たちの頭を風船のように膨らむのはどういうわけか?何の脈絡もなくだ。
竹中直人監督作はこれが初めてだが、話の筋は破綻していないし、なかなか面白かった。ホラーと言われたら微妙としかいいようがない。

まあ、一応コメディなのでよしとしよう。最後のほうは意外だった。人が死にまくり陰惨な話と思いきや、ある意味ハッピーエンドとも言える結末であった。

しかし紗綾さんの髪型はどうにかならないのか。あのおかっぱあたま。
あと漫画化もしているそうですよ。


山形スクリーム(2枚組) [DVD]
東宝
2010-01-22

ユーザレビュー:
断言します。超! 傑 ...
カオスな楽しみシチュ ...
やめてとめてやめてと ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 山形スクリーム(2枚組) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

山形スクリーム ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる