江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS セキレイ 第一巻感想

<<   作成日時 : 2010/09/04 20:21   >>

トラックバック 0 / コメント 2

アニメに影響されて漫画を購入した。金がないので毎週土曜日に購入することにした。

舞台は架空の東京、新東帝都。二浪が決定し、さえない青年佐橋皆人が主人公である。

そして彼が表紙の結(むすび)の葦牙(あしかが)になるのだった。彼女はセキレイという特別な存在であった。
美少女バトルロイヤルといったところか。

1〜3話はガンガンYGで掲載され、四話からヤングガンガンに移ったそうだ。
一巻から篝(かがり)、風花(かぜはな)、松(まつ)、月海(つきうみ)、草野(くさの)が登場している。もっとも風花、松は数コマしか出てない。

偶然出雲荘の厄介になった皆人たち。篝とうずめが住んでいた。
出雲とは古事記では大国主神(おおくにぬしの)が治めた国だ。天照(あまてらす)は天若日子(あめのわかひこ)に命じて出雲を手に入れろと命じた。

うずめは天宇受売命(あめのうずめのみこと)に名前が似ている。日本書紀では芸術、舞踏の女神で、天照が天岩屋戸の中に閉じこもり、彼女がストリップまがいの踊りをして誘い出したという。
もっともうずめだけでなく、天手力男之神(あめのたぢからおのかみ)の協力があってのことだが。

作者は女性だが、かなり過激な内容だ。女性は頼りない男性を嫌うというが、漫画でならいいのだろうか。
そもそもそれこそ男尊女卑な考え方だと思う。私が小学生のころは女性作家は高橋留美子さんぐらいだった。

スカパーでセキレイ第一期が3〜4話放送されてました。
草野を羽化させてました。一巻と二巻の中間といったところか。
第二期は現在勝ち星のないセキレイは強制的に機能定期にされるが、遠隔操作でやるわけではなく、直接機能停止に追い込んでいた。皆人はヘタレだが常識をわきまえている人間だ。セキレイを奴隷扱いする者、信頼が厚い者などさまざまだ。
ちなみにセキレイは全員女性というわけではなく、少数だが男性もいる。その場合葦牙は女性の場合もあるが、同姓同士の場合もある。この場合女性より、男性のほうが盛り上がることが多い。特に皆人と篝がね。


セキレイ 1 (ヤングガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス
極楽院 櫻子

ユーザレビュー:
萌え+女性作家+ポケ ...
カワイイーーーっっと ...
かわいい & ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by セキレイ 1 (ヤングガンガンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
原作は読んでいますか?
読んでいればアニメにはまた違う感想を持つかと

でも、最近は男は優しい、がデフォルトですねぇ
基本冷たいが、ときどき優しい(しかも心に染みるタイプの優しさ)、がカッコイイと思うのですがね
ま、そんな男を好きになって傷ついたら、その女友達たちはやめなよ、そんな男って言うんでしょうが(笑)
ご神体
2010/09/09 19:22
原作はまだ1巻しか読んでません。まあ、2、5〜7巻はぱらっと立ち読みした程度ですが確かにアニメとは違いますね。2期は少し間が伸びてる感じがします。
逆に一期ははしょっている部分がありました。

90年代は北斗の拳のケンシロウや、キン肉マンなどマッチョ思想が主でした。現代は草食系男子と肉食系女子が流行ですか。
江保場狂壱
2010/09/09 21:16
セキレイ 第一巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる