江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS セキレイ第5巻感想

<<   作成日時 : 2010/10/02 12:14   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ハルカと久能の帝都脱出計画が始まった。

原作とアニメを比べてみるとかなり変更されていることがわかる。

懲罰部隊の紅翼と灰翅の出番が多かった。あと葦牙の夏朗がホモであることは口にしなかった。
うずめの葦牙は同性の人だし、葦牙がホモでも問題はないのか。
紅翼と灰翅は104と105で、後期のナンバーだ。それでもシングルナンバーの月海を相手に善戦している。
私としては紅翼と灰翅のコンビはお気に入りで、アニメでは活躍しているのが好きだ。原作は読み進めないとわからないが。

久能の祝詞「ふにゃふにゃのうた」は結が倒されてから歌った。月海も結が倒された後に駆けつけた。
草野は駅でMBIの施設軍を足止めしたあと出雲荘に帰るのだが、アニメではとどまり、松が自力で助けに来た。
ユカリと椎菜が羽化したのは3巻からだったが、アニメでは第1期12話で羽化した。

第1期では原作が尽きかけたのか、第二期は2年後に放送された。

第5巻では結が機能停止になり、結女が覚醒して終わっていた。6巻以降はどうなっているかはわからない。腹部にセキレイナンバーと鶺鴒紋が浮かんでいた。アニメでは結のようにおっとりした口調ではなく、精神的に大人が子供をしつけるようなしゃべり方であった。
結女の会話から察するに懲罰部隊とは本来別の役割があったと思える。鴉羽が筆頭になってからおかしくなったのか。
私は第二期を観たからかなり知っているが、原作を読んでから感想を書いている。

原作と比べるとアニメは削った部分やセリフが多く、なおかつ削ったシーンを別の話につなげるなど、原作を読んでいても楽しめる工夫になっていた。

皆人は弱い。はっきりいってセキレイである結や月海のほうが強い。しかし戦う理由がなければ意味がない。
大切な人と一緒にいたい。それだけの理由でも戦える。セキレイは誰かが支えになってくれるだけで力を発揮できるのである。

あと巻末でユカリと椎菜が賞金首になった。金を出したのは3巻でユカリに金玉を潰された葦牙だった。しかしあんまり深刻そうには見えなかった。ドラマCDに出演する二人のノリが軽いためだろうか。
最後にカラーページでのお風呂シーンが掲載されていた。


セキレイ 5 (ヤングガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス
極楽院 櫻子

ユーザレビュー:
迫る"懲罰部隊"ハル ...
新たな展開 さて、葦 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by セキレイ 5 (ヤングガンガンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
表紙の鴉羽はこの作品で唯一イッちゃってますね(笑)
他の二人はおまけ漫画にも登場して笑わせてくれたりするのですが
紅翼は貧乳ネタで(笑)
戦う理由としては、自分のセキレイと一緒に居たいから、でも十分成立すると思いますが
結は何やら鴉羽と戦う意義があるようですが…

それにしても連載でも名のある(主要キャラ)セキレイの脱落者はいないです
これから戦いが激しくなるんでしょうが、戦いで魅せてはくれないのでしょうか
ご神体
2010/10/06 18:18
鴉羽は結構お気に入りです。
紅翼や灰翅も好きです。
結にとって鴉羽は何も知らない子供のような人のようで、いつかは鴉羽に勝つつもりです。

確かに主要キャラのセキレイは脱落してませんね。原作ではうずめがやばそうですが、どうなることやら。
江保場狂壱
2010/10/06 18:35
セキレイ第5巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる