江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS ワンピースの感想

<<   作成日時 : 2010/12/13 14:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 海底火山が噴火し、やばい状態になっている。

 クラーケンことするめを使って脱出した。

 いよいよ魚人島にやってきた。深海1万の海底なのに明るかった。これが長年待ち望んでいた魚人島だ。
 そこに新魚人海賊団の戦闘員ハモンドが登場した。ハモの魚人だ。彼はルフィのことを知っていた。アーロン一味をぶちのめしたことに恨みを持っているが、そのアーロン一味の幹部ハッチャンを救ったことと、憎き天竜人を殴ったことがあるので複雑な気分らしい。

 ハモンドにはアーロン一味の刺青がしてあった。ハチのことをさん付けで呼んでるので敬意を表しているようだ。
 しかしフィッシャー・タイガーを尊敬しているが、ジンベエのことはどう思っているのやら。実は魚人でジンベエのことを口にした魚人ていないんですよね。ジンベエ自身も魚人たちと一緒にいるシーンがなく、白ヒゲ海賊団といるほうが多い。
 以前ジンベエはインペルダウンの脱出の際ジンベエザメを呼んだ。クロコダイルは魚と話をできるのは人魚だけだと言っていた。彼は魚人たちと一線引いているようだ。
 ジンベエはアーロンについてルフィに感謝と謝罪の気持ちがあるという。恨みを抱いていないようだ。

 次週は2週間後だ。これからのワンピースは10年以上貯めた伏線を少しずつ回収していくのだろうか?
 ワンピは行き当たりばったりな構成ではなく、きっちり筋が通っているので物語は破綻いていない。楽しみだ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ワンピースの感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる