江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤んぼ少女 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2011/01/03 19:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 2008年に公開された楳図かずお先生原作の実写映画です。監督は山口雄大監督です。

 山口監督は魁クロマティ高校や地獄甲子園など、実写化は不可能(というより誰も撮らない)と呼ばれた作品を映像化し続けました。楳図先生作品がお気に入りなのか、プレゼントなどを映像化してます。

 正直言えば今回の映画は普通だと思う。主人公は葉子(水沢奈子)は南条家に引き取られた。弁護士の吉沢(斉藤工)と一緒に屋敷にやってきたが、女中の老婆(生田悦子)はどうにも冷たい。母親の夕子(浅野温子)以外興味なしな女性だ。
 
 葉子は屋敷の広さに感激したが、やがてこの屋敷の不気味さに恐怖を覚えた。父親(野口五郎)はいろいろ気にかけているが、老婆はあまり葉子を歓迎してません。やがて屋敷に住み込むタマミという恐怖の赤ん坊が屋敷を徘徊していたのだ!

 タマミはまず弁護士を殺し、父親を殺し、老婆を殺した。兄を探しに来た弟(堀部圭亮)と協力するが、彼は腕を切られた。
 タマミは容姿が醜く、鏡の前で口紅をつけましたが、自分には似合わないと口紅を投げ捨てます。
 タマミは執拗に葉子を追い回しますが、電撃や薬品をぶつけられても平然としてます。
 
 やがてタマミの顔は醜く焼け爛れますが、夕子は気にせずタマミをあやし、炎上した屋敷の中へ入り、話はおしまいです。

 葉子は無力な少女である。そんな彼女が誰の助けも泣くタマミから逃げ惑う姿は恐ろしい。ホラーらしいホラー作品でした。山口監督にしてはまともな作品と言えます。

 おまけでタクシーの運転手は板尾創路さんです。


赤んぼ少女〔初回限定版〕 [DVD]
キングレコード
2009-03-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 赤んぼ少女〔初回限定版〕 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

赤んぼ少女 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる