江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS ワンピースの感想

<<   作成日時 : 2011/02/01 22:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワンピの感想は今日書きます。

 カリブーが解放され、悪魔の実の能力、ヌマヌマの実の沼人間の力で人魚を三人捕えた。それを魚人たちがルフィの仕業と決め付けていた。もちろん、そうでもない魚人もいたが。まあ、海賊だから疑われても仕方ないよね。フカボシ王子らはマダム・シャーリーの言葉を留意し、ルフィたちを対処しようとした。

 で、ネプチューン王はルフィたちを竜宮城へ招待する。大臣のタツノオトシゴとナマズの人魚に怒られた。巨体だがしょんぼりするネプチューンがなんかかわいい。でも大臣たち魚人に見えますね。人魚には見えない。一応二本足じゃないから人魚なんだろう。
 実はパッパグは人魚姫とマブダチだということはウソだったらしい。しかしブルックはうそに気づいたが、パッパグのために黙っていた。こういう気遣いができるからブルックは素敵だ。さすが年長者である。

 ついに人魚姫が登場したが、すさまじいデカサだ。巨人クラスでも遜色ないデカさである。巨魚ビッグキスの人魚らしい。でもかわいいですよ。

 ルフィたちの運命はいかに?


ONE PIECE 61 (ジャンプコミックス)
集英社
尾田 栄一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ONE PIECE 61 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ワンピースの感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる