江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 学生妻 しのび泣き ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2011/03/11 17:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 日活ロマンポルノなので未成年は読まないように。

 1972年に公開された加藤彰監督作です。

 ゆうこ(片桐夕子)は高校生。ジミー(森島功)という恋人の元に通っているが、ジミーは夢ばかり追うダメ人間だった。昔はグループサウンヅで有名だったが今は落ちぶれている。いろんな女とよく寝る節操なしだが、ゆうこはそれでもはなれられずにいた。

 ジミーは金持ちの杏子(牧恵子)に命じられ、ゆうこを男たちに襲わせたり、盲目の老人(久松洪介)の相手をさせたりした。そしてゆうこはいきなり車にはねられて死ぬ。なんとなく唐突した印象を受けた。

 私としては片桐さんのイメージはセーラー服という印象がある。性と愛のコリーダや実録白川和子でも片桐さんはセーラー服だった。山科ゆりさんのような白痴美を感じた。幼く、一途にジミーを想うのだが、想いはあんまり報われていないのだが。

 ある女性のマンションでジミーとゆうこは泊まるのだが、その際にゆうこは部屋にあるものを物色して様々な衣装を披露してくれた。この部分はイメージビデオに近いと思う。

 純愛から、強姦、異常性愛を盛り込んだ、贅沢な作品でした。本当は白川和子さん目当てだったけど、片桐さんもよかったと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

学生妻 しのび泣き ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる