江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 実録・白川和子 裸の履歴書 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2011/03/04 12:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 日活ロマンポルノなので未成年は読まないように。ロマンポルノだけアフィリエイトは貼りません。こだわってますから。

 1973年に公開された曽根中生監督作です。ピンクの女王、ロマンポルノの星であった白川和子さんの引退作でもあり、実録映画でもあります。

 白川さんは男三人に教われました。製粉会社の倉庫で、粉まみれになった白川さんが暗黒舞踏に見えてきた。襲った男たちはエロ映画のスタッフであり、社長(殿山泰司)はレイプはいかんが、白川さんに光るものを感じ、スカウトした。
 白川さんは大学時代にピンク映画に出演し、そのせいで大学を退学にされた経歴がある。

 ピンク映画に出演しまくる白川さんはやがて嫌気がさし、ボランティアの道を歩む。ある老人の介護をしていたが、その老人が自分の写真を持っていたので、白川さんを老人におっぱいを吸わせてあげた。肝心の息子は立たなかったが、次回は立たせて見せるとファイトを燃やす白川さんだったが、老人は自殺してしまった。老人の遺骨を東京タワーの上からばら撒き、望遠鏡を覗いて最初に移ったチンドン屋とやるなど、常軌が逸脱し始めた。

 途中、タクシー運転手(高橋明)とセックスしたり、男に監禁されたり、いろんなことがあった。そして日活ロマンポルノに出演するようになった。この辺は白川さんというか、ロマンポルノ第一弾団地妻昼下がりの情事の予告編が導入されました。
 ロマンポルノの名物女優、片桐夕子さん、山科ゆりさん、田中真里さんなどがぱっと出ですが出演してました。

 そして白川さんは結婚して引退しました。

 私は昼下がりの情事しか白川さんを知らないのです。今月は白川さんの出るDVDを借ります。でもTUTAYAネットレンタルだと作品が少ないんですね。惜しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

実録・白川和子 裸の履歴書 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる