江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね!第3巻感想

<<   作成日時 : 2011/04/23 10:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ここから新キャラ近藤繭佳が登場する。
 
 繭佳は連載延長が決定し、作者と担当が頭をひねってできたキャラらしい。最初は奈緒と彩葉との絡みがメインだったが繭佳の登場で人波乱起きそうだ。
 アニメでは一話ではモブで登場し、二話ではせりふが出たらしい。

 冒頭で奈緒は修輔にプールに連れて行けと迫る。修輔は折半ならいいというが、奈緒は新しい水着をおろしたとつぶやき、それを聞いた修輔は母親に土下座してお金を借りるのであった。

 プールに来た二人だが、奈緒のクラスメイト二人がいた。さらに彩葉もいた。ここで奈緒は兄のアルバムに一緒に写っていたツインテールの少女が彼女だと気づいた。もちろん彩葉は計算ずくでクラスメイト二人を誘ったのである。ここで彩葉は自分が修輔の幼馴染と告白した。

 修輔の本命は奈緒なので、たとえニンジンをぶら下げられても食べるつもりはなく、エロ本読んでホンホンする日々であった。クラスメイト二人もなんで奈緒と彩葉が修輔のことを好きなのか理解できないでいる。

 で繭佳との邂逅だが最初は彼女は一言もしゃべらなかった。しかし足や尻などに妙な色気があるので、ただものでないことはわかる。こちらはミスターXと名づけよう。そして次の日繭佳とぶつかった修輔だがミスターXとぶつかったときと構図が似せてあるのである。こちらはクラス委員長として知っているから少し話をしている。ここで彼女がミスターXだと読者にわかるのである。

 今まで貧乳キャラ(奈緒のクラスメイト二人は除く)だけだったが、繭佳は成熟している。さらに黒パンスト越しにパンチラを見せてくれるようになるのだ。
 彩葉は修輔にお弁当を作り、一緒に食べる姿を見て恋人同士に見えるようだが、奈緒は兄がミスターXに餌付けされていると推測する。

 繭佳にペットになれといわれ、エロい命令がくることを期待する修輔が変態すぎる。あと修輔のベッドに破いたBL雑誌を見つけても誤解せず、これをネタにミスターXに脅迫されたことを看破している。奈緒も変態だが頭は切れる。彩葉も赤外線暗視装置を使ってストーキングするなどますます変態になってくる。変態しかいない漫画である。もっとやれ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね!第3巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる