江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 今後のネギま

<<   作成日時 : 2011/04/13 08:51   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 ネギまが5月まで休載なのはショックでした。ですので先週感想を書けなかった分、書きます。

 まず麻帆良学園に召喚魔が出てきた。こいつらは旧世界の建物を壊し、人々に被害を加えている。しかし魔法を唱えても服しか脱げなかった。ナツメグや英子、豪徳寺らの服が脱げた!!しかも男は下着だけ無事だ。女のほうはパンツが破れかけてたのに。瀬流彦やシャークティも同じだった。
 召喚魔たちは旧世界の人間に危害を加えるつもりはないようだ。しかし建物は壊されるのでやばいと思うが。

 そこにいいんちょが立体映像でこれは麻帆良祭でやった火星人退治のイベントだと学園中に宣伝した。そして当時使った銃を一般人に配り、召喚魔たちに対応させた。あの銃は召喚魔にも通じるようだ。これはエヴァの入れ知恵らしい。召喚魔たちは世界樹に向かっている。あそこになにがあるのか。

 ネギとフェイトのバトルはいれず、ずっとまほらのターンだった。ひさしぶりにまほらの面々が活躍して面白かった。しかも服が脱げるとはやっぱりネギまらしいや。

 一方パルたちは旧世界と魔法世界の狭間に突っ込んだ。そして帰ってきた。いいんちょらが二週も出てくるなんて、魔法世界編で感覚がおかしくなったか。パルとくぎみー、ひさしぶりの対面だ。もっともくぎみーにとってはパルほどではないが。
 いいんちょはパルから事情を聞くようだ。彼女はある程度情報を知っていると思う。火星人という単語も魔法世界を意味する隠語だ。彼女はイギリスを出るときネカネにナギは天体観測、特に火星を調べてなかったかと聞いた。それに雪広グループはまほらとも関係が深い。彼女が重大な情報を知っていてもおかしくないだろう。

 まほら襲撃は魔法世界のときとくらべればあまり陰惨には見えない。実際は魔法世界では未曾有の危機に陥っているのですが。これで一月以上も休載だと思うと悲しいですね。赤松先生の体力はもう限界なのでしょうか。無理して体を壊しても困るのでゆったりしてほしいですね。

 ネギまの映画は北海道でも公開されるのだろうか。でもOADみたいなつぎはぎな作品は正直言って困るけどね。

 いまさらだがネギま300回記念で応募した麻帆良学園体操服が届いていた。Sサイズだが十分着れた。ネギまの休載は残念だが、ネギまでいいことがおきそうな、そんな予感がします。


魔法先生ネギま!(33) (少年マガジンコミックス)
講談社
2011-02-17
赤松 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法先生ネギま!(33) (少年マガジンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
スケジューリングは赤松先生の体力の問題じゃないですよー。
劇場版の仕込みとマガジン自体の掲載スケジュールに因るものです。
 
「もうひとふんばり」は「無理する」ことでは?

 
それと、とりあえず「雪広」「OAD」ですね。
和泉彼方
2011/04/14 07:06
和泉さんのHNは楊さんのブログでよく見かけました。
なるほど、先生の日記にも書いてましたね。でも私は単純に休載が多いから身体は大丈夫かというニュアンスなんですよ。
あと間違った言葉使いや、単語も修正します。ありがとうございました。
江保場狂壱
2011/04/14 08:52
今後のネギま 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる