江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄拳 実写版 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2011/05/02 16:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ナムコ(現在はナムコバンダイゲームス)の3D対戦格闘アクション原作の実写化である。しかもアメリカで。2010年に日本で公開されました。監督はドワイト・リトル氏です。

 政府が崩壊し、巨大企業三島財閥が支配する近未来である。鉄拳トーナメントは三島財閥が支配する上で必要なものである。ある日風間仁(ジョン・フー)は母親の準(タムリン・トミタ)のために食べ物を買うために危ない仕事をしていた。ある日鉄拳衆という兵隊が仁を追回し、彼の家が襲撃され、準は死ぬ。

 その後仁は復讐のために鉄拳トーナメントに市民参加することにした。そのマネージャーを勤めたのはスティーブ・フォックス(ルーク・ゴス)で過去に準と組んだことのある男であった。

 仁はまずマーシャル・ロウ(カン・リー)と戦い勝利した。そこで鉄拳衆のクリスティ・モンテイロ(ケリー・オーバートン)と仲良くなる。この人は尻がすごい。見ていてくらくらした。
 
 三島財閥は三島平八(ケイリー=ヒロユキ・タガワ)が実験を握っていた。一応彼の目的は鉄拳トーナメントで支配し、平和をもたらすことである。ゲームでも平八は世界平和を望んでいた。しかし息子の一八(イアン・アンソニー・デイル)は不満である。彼は仁の強さに疑問を持ち、自分がやんちゃした結果だと知ると彫りの深いニーナ(キャンディス・ヒルブランド)とアンナ(マリアン・ザビコ)らに仁暗殺を命じるが、クリスティの助太刀により失敗に終わる。後日クリスティはニーナに報復した。

 仁と吉光(ゲイリー・レイ・スターンズ)が戦うが平八はもったいないから変えようとする。しかし一八はそれを止め試合を続けさせる。勝利はしたが一八はもっと残酷なショーを観客が望んでいるというから、殺し合いの試合を目指す。平八は監禁されたが、仁らに救われた。そこで一八は仁の父親だと教えられる。

 しかし結局は捕まり、スティーブンは殺される。ブライアン(ゲイリー・ダニエルズ)と戦い勝利し、今度は斧を両手に持った一八と戦い勝利した。仁は支配に興味はなく、自分の家に帰ろうとするが鉄拳ロボは彼に敬礼して見送るのであった。

 日本のゲームをアメリカが映画化するのだから心配していたが、やはり原作通りにはならなかった。普通のアクション映画として観れば面白い部類に入る。平八の相棒にクマが出ないのは仕方なかろう。一八の一騎打ちもさすがにデビル一八は無理だったようだ。でもマスクマン神父であるキングが出てもいいと思った。世界は混沌としているのだから孤児のために戦う設定があってもおかしくなかった。原作なしと思っていればそれなりに見れる作品です。原作があると思わなければね。


TEKKEN -鉄拳- [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-11-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TEKKEN -鉄拳- [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

鉄拳 実写版 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる