江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS ネギまの感想

<<   作成日時 : 2011/06/02 06:23   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 昨日は北海道はマガジン売ってなかった。なので、今日ネギまの感想を書きます。

 先週の栞といた女性は栞の母親ではなく姉だったようだ。ネギまの世界だと若く見える母親がいるからてっきり。フェイトは彼女に手当てを受けていた。そして珈琲をごちそうになる。フェイトの珈琲好きはここからきたのか。そしてこのときから一日十杯も飲むようになったようだ。うまい珈琲なら飲みたいですね。

 創造主の元に帰ったフェイトは自分たちのやっていることの意義を創造主に問うた。魂は完全なる世界へ送られており、決して無意味な魂狩りでないことを説明した。目的が完遂すれば完全なる世界にも行っていいし、好きなように生きていいと言われた。
 創造主は魔法世界を滅ぼす悪に見えるが、自分の作った世界が気に食わないからリセットするような人種ではない。自分の作った世界が間違った方向に進んでいるから責任を取って修正している感じだ。

 さらに創造主はフェイトにはあえて規制をかけなかったようだ。一応二番目はパラメータがマックスなのだがナギにいいようにあしらわれている。逆に追い詰めたのはフェイトなのだから皮肉だ。二番目はやたらと使命感に燃えているが空回りしている気がする。

 後日栞姉妹に会いに行くと、案の定村は焼き尽くされていた。さらに栞の姉は瀕死の状態で、二番目に消された。
 なんでも栞の一族は強力な読心術の能力があるらしい。栞の姉はフェイトの心を読もうとしたが読めなかった。あれ?のどかのいどのえにっきではきちんと文字に現れていたが、当時は心がなかったのか?

 同じアーウェルンクスでも二番目は下種っぽいし安っぽい。フェイトのほうが高級感があります。そして二番目は怒りを露にしたフェイトに首をはねられ消されました。二番目はフェイトに消されたのか。すると紅い翼を壊滅させたのはフェイトと創造主なのか。
 その後栞を拾い、戦災孤児を回収する旅に出るフェイト。栞は完全なる世界のことを知っていたから、使命が終わった後完全なる世界で姉に会えると思ったのかも。でもポヨ・レイニーディの世界ではネギとフェイトに挟まれ・・・、姉を失った悲しみより、それに勝るものを得たともいえる。

 次週は休載だが4週連続で読めたのは久しぶりな気がする。休載はやってもいいけど、きちんと4週掲載してほしいな。


魔法先生ネギま!(34) (少年マガジンコミックス)
講談社
2011-05-17
赤松 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法先生ネギま!(34) (少年マガジンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ネギま!関連サイト巡回(06/02)
■「江保場地獄」さん「ネギまの感想」 ...続きを見る
ネギま!部屋(楊さんのページ別館)
2011/06/02 21:09
ネギまの感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる