江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS ここが噂のエル・パラシオ第一巻感想

<<   作成日時 : 2011/07/12 15:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ゲッサン連載のあおやぎ孝夫先生の漫画です。

 女子プロレス団体エル・パラシオに拾われた唯一の男、大岡忠輔。彼は記憶喪失になったため、須弥山桜花の下僕としてこき使われる生活が始まった。

 牧原いつか。ボーイッシュだが印象が薄い。
 バニー・キサラギ。覆面レスラーで幼稚園児の人気者。
 棚橋万里子。エルパラの家事全般を取り仕切り、マリー・ザ・キッドのリングネームであがる。
 浅野陽向。中学生で体操服にブルマ。

 特に桜花と陽向が忠輔と絡みますね。一話の絡みはラブひなのように中学生が悲鳴を上げる、入浴中か着替えの最中を覗いてしまう、 年長の女性は落ち着いているなどハーレム物の基本を守っております。

 弱小女子プロゆえにチケットを売るのも一苦労。商店街のみなさまに無理やり押し付けたり、キサラギににんじんを贈ったりと地域に密着した団体である。

 女性の裸が多く出るが、桜花よりキサラギのほうが多いような。キサラギは裸を見られるより素顔を見られることが恥ずかしい人なのです。

 女子プロレス漫画なので男は活躍しませんが、そもそも女子プロで男が活躍することはないので問題ないです。

 関係ないですがエルパラにはシンプルな水着はなく、ボンデージ風や、体操服などいろいろありました。ゲームのレッスルエンジェルスサバイバーでもそうでしたが、時代が変わったということですね。昔なんかの女子プロ漫画はシンプルな水着だったので。


ここが噂のエル・パラシオ 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
小学館
あおやぎ 孝夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ここが噂のエル・パラシオ  1 (ゲッサン少年サンデーコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ここが噂のエル・パラシオ第一巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる