江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS アリス・イン・ワンダーランド ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2011/07/19 18:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 2010年にアメリカで公開されたティム・バートン監督作です。

 不思議の国のアリスをベースとした作品です。アリス本人が不思議の国で冒険した後13年の月日が経った世界です。

 アリス(ミア・ワシコウスカ)はもうじき二十歳だが想像力が旺盛な人よりテンポがズレた女性であった。父親は亡くなり父の会社を買い取った人の息子と結婚させられそうになった。

 彼女は白兎を見つけ不思議の国にやってきた。トウィードルダムとトウィードルディー(マット・ルーカスの一人二役)やヤマネ、芋虫のアブソレムなど不思議な住人がいた。彼らはアリスがこの国を救うと信じているが、アリスは人違いだと突っぱねる。赤の女王(ヘレナ・ボラム=カーター。作中は頭がでかいがCGで加工してある)の飼っているジャヴァウォッキーを殺すのが彼女の使命で予言らしいが、生き物を殺すのがいやなアリスは人違いと連呼する。

 しかしトラブルは彼女を襲う。マッドハッター(ジョニー・デップ)は赤の妹である白の女王(アン・ハサウェイ)に会えとハートのジャック(クリスピン・グローバー)に囚われるが、アリスは彼を救うために立ち向かう。今までは予言だのなんだので流されてきたが、自分の意思でマッドハッターを救いにいく。

 全編CGで構成されている。特典映像では俳優は緑色の部屋や服で演技をしていた。それが迫力のある映像を生むから不思議だ。

 アリスは最初は頭のねじが緩んでいそうな女性だったが、終盤に自分の使命を受け入れ立ち向かうところはよい。最後は現実世界に戻り、自分の意思を貫いた。

 白の女王の吹き替えはフカキョンこと深田恭子さんが演じている。白の女王は浮世離れした女性で、合っていた。姉の頭がでかいのに、妹は普通だった。両親の教育のせいで赤の女王は歪んでしまったといえる。絶対悪とはいえないだろう。

 バンダースナッチの目をヤマネがくりぬくシーンがあるが、マッドハッターがジャックの目を突くシーンがあるから子供向けとはいえないかも。さらに人を殺そうとしたシーンもありますので。


国DVD> アリス・イン・ワンダーランド
ザ・ショックプライス
※お取り寄せ  発送の目安:2日?4日前後 ■商品名 アリス・イン・ワンダーランド ■ジャンル洋画国


楽天市場 by 国DVD> アリス・イン・ワンダーランド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

アリス・イン・ワンダーランド ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる