江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 緋ぢりめん博徒 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2011/08/09 19:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 1972年に公開された団鬼六先生原案の石井輝男監督作です。

 お勝(中村英子)は大木戸組の一宿一飯の義理で人を殺したが、出所後はただ金を出しただけであった。そのことに憤慨したのは大木戸組の徳松(山城新伍)だけであった。

 お勝は途中名和宏が経営する賭場で荒稼ぎしたが、そのとき知り合ったお紋(藤浩子)とお蘭(松平純子)と協力して、名和が差し向けた三下たちを退けた。松平さんの出番はこれだけです。

 お勝は明治元年のときに救ってもらった菅原文太を探していたが、彼は大木戸組の食客になっていた。お勝に父親を殺されたお仲(池玲子)とくっついた。そして後日抱かれたがほかの女優と比べると淡白であった。

 お勝は刑務所で知り合ったお秀(土田早苗)を頼ってきた。しかし彼女の家はSMプレイを客に見せる女郎屋を経営する小池朝雄に狙われていた。ちなみに名和宏ともつながっています。小池さんと名和さんが組むとなればスケベなことと東映作品では相場が決まっているのです。さらに斬られ役の福本清三さんも出ております。

 お秀は大木実を殺そうとしたが返り討ちにあった。そしてお秀の家をのっとろうとする小池さんに怒ってお紋は乗り込み、女座頭市ほどスピード感はないが、名和宏を道連れにし、死んだ。

 最後はお勝が殴りこみして、菅原さん、池さんが犠牲になり、すけべな小池さんが血しぶき上げておしまい。

 団鬼六先生原案ということでSMがあるかと思ったが、本編とは無関係なところでやってました。ここはお勝が捕らえられ、縄で縛られ、浣腸されるべきですが、東映だから無理か。割と女優を人間扱いしない石井監督にしては珍しい。
 中村さんはちょっと艶がなかったですね。池さんか、梶芽衣子さんのほうが迫力がありますね。中村さんが出演している作品は少ないですし、大成しなかったのでしょう。


緋ぢりめん博徒【DVD】
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2011-06-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 緋ぢりめん博徒【DVD】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

緋ぢりめん博徒 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる