江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 現代任侠史 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2011/08/17 13:35   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 一九七三年に東映で公開された石井輝男監督作です。

 元やくざの寿司屋の店主島谷(高倉健)は戦死した父親の形見の刀が縁で、ルポライターの克子(梶芽衣子)と恋仲になった。一方で島谷の兄弟分である松田(郷金英冶)と船倉(夏八木勤)、中川(成田三樹夫)らは大阪からきた栗田(安藤昇)や永井(内田朝雄)らから、ノミ屋の統一を持ちかけられるも、松田は拒否した。
 永井は関口(小池朝雄)と組み、松田の縄張りを狙う。栗田は情に厚い人で島谷の父親とは戦友だった。やがて利権を巡り、松田、船倉、中川、栗田らが命を落とす。島谷はささやかな幸せを振り切り、永井と関口を殺し、自らも果てた。

 島谷を演じる健さんは最初は梶さんとラブラブで何もしていない。成田さんに相談を持ちかけられてもヤクザの世界に再び足を踏み出すわけではなく、兄弟分たちの死でチャカとドスでダブル朝雄と辰己柳太郎さんを殺すまで動かなかった。もっとも成田さんも健さんを巻き込むつもりはなかったのだが、やっぱり巻き込まれる形になった。
 作中では辰巳さんにはかわいい孫がおり、辰巳さんは孫をかわいがっていましたが、その子がおじいちゃんを殺した健さんをどう思うのでしょうか。それを考えると無残な話です。

 血の繋がりがあるわけではないが杯を交わした兄弟たちが死んでいくのを黙ってられないと思う。自分もヤクザだったんだからいまさら自分だけが幸せになどなれないと思ったんだろう。寿司屋の店員は田中邦衛さんと南利明さんを雇ってます。田中さんは網走番外地でも弟分を演じてましたが、健さんに茶目っ気はありません。七〇年代に入った健さんは渋みが増してました。

 ヒロインの梶芽衣子さんは少々地味だったです。まあ女囚さそりや修羅雪姫とくらべると今作の梶さんは普通の女性ですからね。梶さんのような迫力のある女性には健さんにふさわしいのですが、やはり幸せにはなれないんですよね。でも梶さんが健さんに甘えるシーンは尻がむずむずしました。梶さんは男を引っ張るイメージがあるので、男に頼る印象が薄いのです。

 石井輝男監督は暴力団の世界が変わっていくさまを描きたかったのでしょうが、最後は健さんが悪の親玉を切って終わってます。深作欣ニ監督の仁義なき戦いなら菅原文太は何もせずに終わってます。まあこの作品はドキュメントではないですしね。いつもの石井監督らしさが出てました。


現代任侠史【DVD】
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2011-06-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 現代任侠史【DVD】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
健さんが飛行機から降りる場面、スチュワーデスから機内預かりの長ドスを渡してもらうところは、笑いませんでしたか?
なんか、ところどころに常識外れがあって、流石に石井輝男監督と感服した次第です。
サイケおやじ
2011/08/25 19:32
そのシーンは特に。確かに普通ならありえませんね。映画なら何をしても許される石井監督らしいと思います。
江保場狂壱
2011/08/25 20:44
現代任侠史 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる