江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤングガンガンの感想

<<   作成日時 : 2011/09/05 16:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ヤングガンガンの感想書きます。

 なんとなく今号はいまいちな作品が多い印象があった。つまらないというわけではない、あくまで私の感性なのでほかの人はそうではないかもしれない。私は他人を傷つけて楽しむような人種は嫌いだ。掲載作品で意図したわけではないだろうが、そんな作品が多かったと思う。

 ブラパ:ふたりは秘密基地の制作に燃えているが何者かが荒らしたようだ。相手を撃退するために作戦を練るが、楽しそうだ。奇抜な設定ではないが、子供のころの冒険心を彷彿させる話だ。

 イヴの時間:主人公の心の葛藤が解決したと思ったら、今度はロボットを嫌う馬鹿な大人が登場した。家庭の不仲を他人に責任を押し付けるタイプだな。とにかく自分で責任を取るのを異常なまでに恐れ、他人を攻撃しないと気がすまない。某捕鯨反対団体と思考が同じだ。金目当てだろうな。なんか面白くなってきた。

 マンガ家さんとアシスタントさんと:沙穂都のサドプレイに愛徒はどきどき。みはりは呆れ顔だ。

 死がふたりを分かつまで:護はジーニと対峙する。一見ぶよぶよした体型だが護はジーニがてだれだと見抜く。護はサングラスがなくてもある程度はわかるようだ。学校から離れ、漆黒部隊とけりがつけられるのか。そしたらジーザスとのクロスオーバーも終わるのだろうか。

 牙の旅商人:アイリはギルマンという名前に聞き覚えがあるようだ。この世界はファンタジーなのかSFなのかわからない。この話で戦闘力があるのはガラミィだが主人公はソーナだと思うな。

 魍魎のゆりかご:本能で動く殺人鬼より人間のほうが怖いね。宮村は鮎川が感染してないと知ったらどうでるだろうか。彼女のことだからできるだけ他人を巻き込むだろうな。こういう人間が一番怖い。

 あと次回休載の作品が多い。盆休みだろうか。あと荒川アンダーザブリッジは休みだ。中村先生が出産だそうだが、村長のなんちゃって出産はそれにインスパイアしたのだろうか。さすがに自力で出産はできんだろう。


セキレイ Blu-ray BOX【完全生産限定】
アニプレックス
2010-06-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by セキレイ Blu-ray BOX【完全生産限定】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ヤングガンガンの感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる