江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS セキレイ十二巻感想

<<   作成日時 : 2011/10/28 19:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 セキレイも十二巻目に突入した。表紙は結ひとり。カバー裏はアゴの割れたうずめ。悪夢を見たのは千穂というオチ。

 セキレイは今年というかページが少なかったり、休載が多いのでバラバラな印象を受けましたが、こうして単行本で読むとまとまってます。

 鈿女が機能停止してMBIに回収された。そしてユカリは一人で脱出し、椎菜とともに逃げた。皆人は妹が監禁されたことも葦牙ということも知らないままだ。一応四回戦に参加しているが兄妹は出会えるのだろうか?

 美哉がついに自分がセキレイbO1と明かした。そして葦牙と鶺鴒の歴史を明かす。というか歴史はともかく神器で美哉の夫健人の死とか肝心なところは語ってない。せいぜい神器で鶺鴒基幹を受け継ぐ人間でも機能停止できるという事実が判明した。というか初代の葦牙は8人のセキレイたちとセックルし、子供を作ったのだろうな。8人のセキレイのボテ腹は壮観でしょうね。青年誌でも無理だが。太古のセキレイで結たちと鈿女のそっくりさんはわかるが、秋津はどうなのか。廃棄ナンバーでも葦牙の遺伝子はわかるのだろうか。
 太古の松の役割はわからなかった。彼女の能力は電脳危機がないと無理だよね。

 第四回戦では瀬尾の提案で西の真田と手を組むことにした。真田のセキレイたちのナンバーはなんだろうね。端役のセキレイたちのナンバーはある程度明かされたのに。

 あと特別編ですが本誌では6ページだったがオマケページを削ったのか10ページになってた。鴉羽って夏郎より背が高いようだ。見開きで鴉羽の羽化を描いてました。今のペースだと次は来年の八月くらいに一三巻が出そうだ。


セキレイ(12) (ヤングガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス
極楽院 櫻子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by セキレイ(12) (ヤングガンガンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

セキレイ十二巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる