江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS オシエシラバス第2巻感想

<<   作成日時 : 2011/10/29 10:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 古本屋で売っていた参考書から家庭教師が出てきた。教え子と家庭教師のまったりしたハートフルストーリーといったところか。

 第一巻では最後に男性キャラが登場し、次巻へ続くで終わった。2巻では男性キャラ、北川善はまといと一緒に住んでおり、同じ同居人の臣の弟であると判明する。教恵はまといが好きなので男が嫌い。

 五人のちび教師のうち英語担当のエイコが登場。社会のやしろは顔出しなしだった。本の中はくにやすう以外の世界が広がっているようです。くにたちにとってまといたちは巨人なのでしょうね。

 二巻はおまけページが充実していた。一巻とはえらい違いだ。そのおまけは数学の公式や英語に国語などの問題だった。数学はさっぱりわからない。なんで数字にXとかYがつくのか理解できなかった。理解できている人はすごいと思う。一応高校の問題なのだろうが、まったく理解できない。勉強すればできるようになるだろうか。

 あとは家の構図が紹介された。家はちほの持家でまといはちほの従妹。ひとりでは寂しいから友人の臣を誘い、弟の善も同居させた。もっとも善は女性より本が好きみたいだ。姉の他にいるかもしれない。女性に囲まれた環境だったから下宿でも女性には興味がないのかも。

 夏休みは一日一時間、午前午後に三〇分ずつ勉強するようだ。英語は毎日やって、国語と数学を一日おきにやるようだ。社会と理科はメニューになかった。これは現職の高校生たちにも通用するのではないかと思う。

 増刊で掲載された話も載っていた。んぐるわ会報の会長たちが登場していた。これはんぐるわを知らない人には理解できないと思うが。逆にファンにはたまらない演出といえる。


オシエシラバス(2) (ヤングガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス
2011-10-25
高尾 じんぐ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オシエシラバス(2) (ヤングガンガンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

オシエシラバス第2巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる