江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS ノゾキアナ第九巻 感想

<<   作成日時 : 2011/10/04 14:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ノゾキアナも九巻目、そしてタツヒコたちも卒業まじかなのですね。

 一年後輩の植田理恵にのぞきあいの秘密を知られたタツヒコたち。小悪魔的でタツヒコたちが戸惑う姿を見て嘲笑っている。こういうときのえみるは大変頼もしい。私なら絶対ぱにっくになっている。
 望月から理恵の過去の話を聞くと、学生時代理恵の両親は離婚したという。それでセフレとして付き合ったがある日理恵が人の男を盗ったという。その理由が幸せそうだったからだという。望月の場合は家が金持ちで幼少時から小遣いだけしかもらっていなかった。だからタツヒコとえみるの考えた脅しであっさり引けたが、理恵の心の闇は深かった。こういう場合女のほうが根が深い。

 一応米山に穴の秘密を話し、理恵のもくろみは消えたかに見えたが、実際はまだまどかが残っていた。理恵に教えられたまどかは真意を確かめるためにえみるの部屋に入る。えみるはまどかを挑発し、まどかはえみるに殴りかかる。そしてまどかはタツヒコと一緒にセックルをするもえみるはのぞいていない。まどかものぞきあいはともかく、タツヒコを想っている気持ちは理解できたようだ。
 もっとも女だけが修羅場で男は蚊帳の外だ。えみるはわざとまどかを怒らせ、まどかも秘密を知ったがわざと挑発するえみるの心情を理解した。

 卒業一か月前だが終わるのは遅そうだ。スポーツ漫画でも最後のシーンは数十ページ使われても、実際は数秒しか経っていないのと同じである。

 次回予告ではえみるの知られざる秘密が明かされるようだ。謎の美女が出てくるがいったいどうなることやら。

 関係ないけど同じ学年の巻子や有里の姿はまったく見えない。モブキャラになってしまったのか。まあ人数が多すぎても困るんだけどね。


ノ・ゾ・キ・ア・ナ 9 (ビッグ コミックス)
小学館
2011-09-30
本名 ワコウ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ノ・ゾ・キ・ア・ナ 9 (ビッグ コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ノゾキアナ第九巻 感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる