江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 女医肉奴隷 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2011/11/11 18:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 にっかつロマンポルノなので、未成年は読まないように。

 1986年に公開された藤井克彦監督作です。

 女医の久美(麻生かおり)は北見(中原潤)と婚約していたが、看護婦のりえ(高橋靖子)は久美が出ているというアダルトビデオを見せる。久美は必死に否定するが誰も信じてくれない。

 ビデオに出ていた男は徹(武見潤)も久美に間違いないと証言する始末だった。ビデオを持ってきた石岡(中丸新将)に暴行され、徹にも抱かれて散々な彼女だが、徹は久美を抱いてて違和感を感じた。自分が仕事で抱いた彼女にはほくろがあって、実際にその女は存在していた。だがわかった時にはすべてが遅すぎた……。

 女医が主役なのだがそれが生かされていないと思った。石岡らが久美を脅迫し、新たにビデオを撮るくらいならいいのだが、久美自身が自主撮影してました。それに題名の肉奴隷とありますが、別に久美は肉奴隷というより、自ら地獄へ堕ちた感じだった。

 麻生かおりさんの垢抜けた演技と肉体を堪能するのなら最適な作品といえますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

女医肉奴隷 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる