江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS イヴの時間 第一巻感想

<<   作成日時 : 2011/11/13 14:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ヤングガンガンに連載されているネットアニメが原作の漫画です。作画の太田優姫さんはこの作品が初連載、初単行本のようです。ちなみにアシスタント募集は北海道で、女性を募集しているから、太田さんは女性でしょう。

 基本的にアニメのコミカライズですが、アニメではおおざっぱな部分がフォローされています。特にアキコのマスターである佐藤マサオミとのかかわりが特に。あとはリクオの母親とか。原作者というかイヴの時間の生みの親である吉浦康裕氏はどれくらい関わっているのでしょうか。

 本来家電扱いされ、人間の命令を聞くだけの存在だったはずのアンドロイドが、イヴの時間では人間らしく振舞う現実を、主人公リクオがどう向き合うか、それがテーマかもしれない。友人のマサキもわけありだから彼にもスポットが浴びるかもしれない。実際浴びるけどね。

 表現とかはアニメと比べるときついかも。コージのヌードがあるし。ありがたいもんじゃないけどな。ヤングガンガンはしょっちゅうではないけど、過激な表現が出る漫画がありますから。

 アニメの第一話から第三話までを描いてます。おまけページが多く、新人らしく気合が入っています。ただ画面が白っぽく手抜きに感じます。まあこれは太田先生の癖みたいなものでしょうか。連載当初は普通に掲載しておりましたが、休載が目立つようになり、今年から月イチ連載になりました。

 ド派手なアクションはなく、露骨な萌え描写のない漫画ですが面白いです。心が疲れたときに癒される作品ですね。


イヴの時間(1) (ヤングガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス
2010-09-25
吉浦 康裕

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イヴの時間(1) (ヤングガンガンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

イヴの時間 第一巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる