江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS レイプショット 百恵の唇 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2011/11/26 16:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 にっかつロマンポルノなので未成年は読まないように。

 一九七九年に公開された藤井克彦監督作です。

 フリーライターの三宅(阿部徳昭)は売り出し中のアイドル三木洋子(水島美奈子)がプロダクションの社長星野(宇南山宏)によってシャブ漬けにされている噂を耳にし、彼女にまとわりつく。一度彼女のおしっこを手に入れたが用心棒の田所(堀田真三)にボコボコにされてしまう。

 三宅は洋子の身辺を洗うがある日洋子は誘拐されてしまう。相手はチンピラでただ暴行したかっただけだった。チンピラたちはコロン(山口美也子)にかくまわれていた。三宅は独自のルートでコロンにたどり着く。そして洋子を発見したが彼女はやっぱりシャブ中だった。

 そこに田所がやってきてチンピラたちをぼこる。そして田所は乱闘の末に電子レンジに鉄パイプを突っ込んで感電死した。三宅は洋子と引き換えに金を狙うが情が移ったのか実家にかくまった。星野は部下を使い、仕事仲間の飛鳥裕子を脅迫し、三宅の自宅を押しかけ、洋子を取り戻す。

 星野は洋子の目? にシャブを打ち、快楽に溺れるのだった。

 響京介という人の原作らしいですが、フィクションなのか? 芸能人といえばアイドルがプロデューサーと寝るとか黒いうわさが絶えませんがね。モデルの三宅は響さんがモデルなのか。ちょび髭の阿部さんが大泉滉に似ている気がした。

 ボコられた三宅がふんどし姿で倒れて、連れ去られる洋子の姿が物悲しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

レイプショット 百恵の唇 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる