江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS イヴの時間 第2巻感想

<<   作成日時 : 2011/12/01 18:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 漫画版はアニメ第4話と5話を描きつつ、オリジナルを挟んでおります。

 カトランの件ではリクオの母から回収費用の話が出て、最後につながってましたし。ちなみにカトランの話では年齢の話や、チエの絡みが減った。

 映画には出てないけどカヨの話があった。彼女はアンドロイドが人間に似ているのが怖いそうだ。さらにサミィが人間のように笑ったのが恐ろしくなったらしい。ネット配信では出てたんですよ、カヨ。

 リクオは倒れたサミィに手をさし延ばしても、彼女は無視した。遠くで別な生徒がいたからだ。別れた後じっと手を見つめていた。リクオがドリ系とバカにされることを恐れたのかもしれない。

 あとリクオの姉の出番が多い。家のことはサミィまかせで、自分は何もできない。母親も自分を頼らない。サミィのほうが姉のように見える。サミィにリクオを奪われる、そんな焦りを感じた。

 アンドロイドが人間のようにふるまえるのはイヴの時間という店だけかと思ったら、店の外でも人間のように笑った。あとコージは自分のマスターと話すときは命令されたことをしゃべったわけじゃない。自分の意志でイヴの時間の話をしていた。メーカーはそのような機能を搭載していながら、それを発表していない。一体どうなるのか。

 現在は第6話の後半に突入している。果たしてどこまで描かれるのか? 漫画オリジナルなのか、一応原作者の名は原案扱いなのか。そこのところがちょっとわかりませんが。


イヴの時間(2) (ヤングガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス
2011-07-25
吉浦 康裕

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イヴの時間(2) (ヤングガンガンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

イヴの時間 第2巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる