江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 不良番長猪の鹿お蝶 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2011/12/11 16:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 一九六九年に公開された野田幸男監督作です。

 前作では梅宮辰夫さんは生死不明ですが、今作は設定にこだわっていないのか、梅宮さんが神坂弘という役柄であることが重要なようです。
 
 梅宮さんは少年院に入っていました。というか梅宮さんはどう贔屓目に見ても未成年には見えません。克美しげる、千葉真一、菅原文太、谷隼人、左とん平、曽根晴美など老け顔の未成年が勢ぞろいです。

 五年後に出所するもやってることはひったくりに強姦、スター育成といってアジア人の由利徹に女を売りとばすなどやっていることは無法者です。それでも仲間意識が強いからマシ? ですが。

 ヒロインといいますか、女賭博師、猪の鹿お蝶という着物を着た女性が登場しますが、出る作品間違えている気がする。緋牡丹博徒に出たほうがよいのではないかと思う。

 あと千葉真一や菅原文太も出演しているがどうもぱっとしない。千葉ちゃんは着流しで空手はまだ身につけていないのかアクションが地味だ。菅原さんも寡黙なせいか印象が薄かった。

 三原葉子も出演しておりますが、ボーリングでパンチラを見せ、ベッドシーンのおまけつきですが、どうにも扱いが地味だ。あっさり退場したし。

 由利徹や大泉滉などコメディリーフをそろえたのはよかった。前作はちょっと配役に物足りなさを感じたが、今回はよくなった。でも地味であることに変わりはない。梅宮さんの漢気あふれるアクションは必見です。でもやってることは犯罪なんだけどね。


不良番長 猪の鹿お蝶 [DVD]
東映ビデオ
2007-02-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 不良番長 猪の鹿お蝶 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

不良番長猪の鹿お蝶 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる