江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 不良番長 送り狼 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2011/12/25 14:38   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 一九六九年に公開された不良番長シリーズです。今回から野田幸男監督から内藤誠監督に代わりました。

 不良番長が梅宮辰夫さんで、谷隼人さんがタニーで恋人夏珠美が死んで自分も死ぬのはお約束です。悪役には東映では定番の安倍徹さんで、お笑いに大泉滉さんを入れるのもお約束です。

 梅宮さんたちは三原葉子の店を拠点にデートクラブで稼いでますが、そこに老舗の女将丹下キヨ子が乗り込んできます。彼女には菅原文太と赤座美代子という濃い子供がおります。菅原さんは白いスーツを着ており前作と違い存在感がありました。

 あと山城新伍さんのコメディリーフも最高です。別の作品ではすぐ出て終わりですが、この作品は出番が多いです。鈴木やすしさんもよかったですが途中で死んでしまいますが。

 監督が代わったせいか同じ梅宮さんが出演していても印象が違って見えます。前記でのお約束は踏まえているにもかかわらずに。梅宮さんたちは大抵チンピラな商売をしておりますが、野田監督と違ってパワーが感じられない。その代わりにタイヤにダイナマイトをくくりつけて転がしたり、襲撃前にみんなで連れションなど別のところで演出が光っていました。


 
不良番長 送り狼 [DVD]
東映ビデオ
2007-02-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 不良番長 送り狼 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
謹賀新年、とここでご挨拶させていただきます。

この「送り狼」はバカ映画の典型として作られたように思いますねぇ。それが野田監督にも伝染(?)して、以降のシリーズ諸作はバカ丸出しの面白さになるんですよ。
すると内藤監督の起用は正解というか、そういう楽しみがプログラムピクチャーの醍醐味です。
ぜひ、続く作品群もお楽しみ下さいませ。
サイケおやじ
2012/01/01 19:39
こちらこそよろしくお願いいたします。

バカ映画って不真面目ではなく、生真面目な人でないと撮れないと思います。バカなことを真剣に演じる俳優も少ないと思いますね。

送り狼は野田監督から内藤監督に代わりましたが、微妙に構造や演出が変わってました。
江保場狂壱
2012/01/02 08:24
不良番長 送り狼 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる