江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔人シリーズで思ったこと

<<   作成日時 : 2011/12/30 20:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今年は魔人関係というか、何の動きのない年だった。

 今井秋芳氏のブログを読んだが、今井氏は今まで名古屋を拠点にしていたが、東京へ引っ越したそうだ。そして自分では何も決められない状態になったらしい。仕事は忙しいらしく、休む暇がないそうな。

 帝戦帖を早く出していればなんとかなったかもしれないが、ニンテンドーDSで魔人三部作を完結することに納得できなかったのかもしれない。今井氏は芸術家気質がありますので。血風録よりボリュームがたっぷりじゃないと再現は不可能なのではないか。PS3でないと血風録を超えることはできないと思う。今井氏ではハードを決めることはできないから煩悶したでしょうね。

 あと九龍妖魔學園紀は業界から見たら失敗作だそうです。理由は数字が取れないから。数字を取るゲームこそが成功作だそうな。まあ、一理ありますね。高い開発費をつぎ込んで元が取れなければ会社はつぶれますし。金の世の中は世知辛いです。

 新作は九龍で止まってもう七年も経っています。その間リ・チャージと剣風帖DS版が出ただけです。もうファンも続編を諦めている人もいるでしょう。ファンサイトも昔と比べると次々と閉鎖しています。私は続編がなくとも楽しく遊んでいます。新作はなくても今出ている作品でも楽しめますし。それに新作がなくても魔人シリーズが好きなことには変わりありませんからね。

 新作の魔都紅色幽激隊の情報は一切出てこないし、大丈夫だろうか。一ファンとして心配である。出たら買うけどね。


魔人学園 (エクセル・ノベルス)
日本出版社
菊地 秀行

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔人学園 (エクセル・ノベルス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

魔人シリーズで思ったこと 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる