江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS イヴの時間 第3巻感想

<<   作成日時 : 2012/05/11 08:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 イヴの時間もこれでおしまいです。

 話の流れは原作でいうと、リクオがピアノを弾かなくなったのは、サミィが来て彼女がアッというまに覚えるのが怖いから。でもどうでもいいやと開き直る。

 マサキの家にはテックスというハウスロイドがいた。過去に裏切られた傷がうずくマサキ。そしてテックスとのこころが繋がった……。

 最後はナギが製作者と話をしておしまい。

 抽象的だがこんなところだ。アニメを見てもこの作品は楽しめる。あとがきによれば作画の人のオリジナルが強いようだ。アキコのマスター鈴木は設定上だけで本編には一瞬しか出てない。それを作画の人はイヴの時間を知らない時期のリクオと重ねていたようだ。最後は、ああ、なるほどなと思った。作画の人曰く、漫画はアキコendだという。

 あとはカヨコの話か。カヨコはアンドロイドが嫌いで、二巻ではサミィが笑ったことで恐怖を感じた。最後は芦森に自分の事とリクオの事を話して終わる。投げっぱなしではなく脇役にもフォローを入れているのがいいね。

 漫画だとアニメでは描かれなかった登場人物の心証を描いている。マサキのおやじもアニメではテックスは処分するといったきりだったが、漫画では息子がテックスに心を通わしたことに嫉妬している描写があった。

 アニメを観たら漫画を読むことをお勧めする。作画の人のオリジナルが多いが、それはそれで楽しめるし、比べてみても面白いと思う。

 イヴの時間は終わったが、彼らの物語は終わらない、といい話っぽくまとめてみた。


イヴの時間(3)(完) (ヤングガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス
2012-04-25
吉浦 康裕

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イヴの時間(3)(完) (ヤングガンガンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

イヴの時間 第3巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる